基本情報 【 表示 / 非表示

後藤 猛 (ゴトウ タケシ)

GOTOH Takeshi

写真a

所属

大学院理工学研究科  物質科学専攻  応用化学コース

職名

教授

研究分野・キーワード

生物化学工学,応用微生物学,機能性タンパク質,遺伝子工学,

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   教育学部   中高課程理科専攻   1984年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学研究科  博士課程後期課程化学専攻  博士課程  1989年03月  単位取得満期退学

  • 東北大学  理学研究科  博士課程前期課程化学専攻  修士課程  1986年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  理学博士

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月
    1997年01月

    メリーランド州立大学   日本学術振興会海外派遣研究員

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   教育推進主管  

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   物質科学専攻   応用化学コース   教授  

    2016.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Materials Science   Applied Chemistry Course   Professor

  • 2015年04月
    2016年03月

    秋田大学   教育推進総合センター   教育開発部門長  

  • 2014年04月
    2016年03月

    秋田大学   放射性同位元素センター   放射性同位元素センター長  

  • 2011年02月
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   環境応用化学専攻   化学システム講座   教授  

    2011.02
    -
    2016.03

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Materials-process Engineering and Applied Chemistry Environ   Professor

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cloning and aggregation characterization of rubber elongation factor and small rubber particle protein from Ficus carica

    S. Yokota, Y. Suzuki, K. Saitoh, S. Kitajima, N. Ohya, T. Gotoh

    Molecular Biotechnology   60 ( 1 )   83 - 91   2018年01月

  • Cloning and Comparison of Aggregation Properties of HbREF Like Proteins from Ficus carica

    S. Yokota, Y. Suzuki, K. Saitoh, S. Kitajima, N. Ohya, T. Gotoh

    Proceedings of ICMR 2017 AKITA   2017年10月

  • Exploration of a Proximal Protein to Baculovirus GP64 in Sf9 Insect

    Saki Yokota and Takeshi Gotoh

    Proceeding of 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition   CD-ROM   138   2016年10月

  • Oxygen transfer performance in medium atomization bioreactor using a spinning inverted corn

    Takeshi Gotoh, Satoru Nakanishi, Yukiyasu Sato, Saki Yokota, Takahiro Adachi

    Proceeding of 17th International Biotechnology Symposium and Exhibition   CD-ROM   114   2016年10月

  • Surface plasmon resonance applicability study using immobilized recombinant human renin to screen for renin inhibitory activity

    Gotoh, T., Kikuchi, K.-I., Hori, K., Takahashi, S.

    Jpn. J. Food Chem. Safety   22 ( 1 )   18 - 24   2015年02月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Renin inhibitor in soybean. in “Soybean - Biochemistry, Chemistry and Physiology

    Takahashi, S., Gotoh, T., Hori, K.

    InTech  2011年01月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • レニン阻害物質探索系の構築と応用 ~食物由来レニン阻害物質の構造機能相関解析~

    高橋砂織,畠 恵司,堀 一之,常盤野哲生,吉澤結子,菊地賢一,後藤 猛

    食品酵素化学研究会第11回学術講演会  (大阪) 

    2011年09月
     
     
     

  • サポニンおよび不飽和脂肪酸のレニン阻害活性と表面プラズモン共鳴による結合相関解析

    後藤 猛,鎌田淑恵,菊地賢一,堀 一之,高橋砂織

    化学工学会札幌大会  (札幌) 

    2011年08月
     
     
     

  • 表面プラズモン共鳴によるサポニンおよび脂肪酸のレニン活性阻害-結合相関解析

    後藤 猛,鎌田淑恵,小野洋輝,菊地賢一,高橋砂織

    第77回日本生化学会東北支部例会・シンポジウム  (仙台) 

    2011年07月
     
     
     

  • バキュロウイルス感染Sf9昆虫細胞によるヒトインターロイキン-2生産と糖鎖構造解析

    進藤祐宜,後藤 猛,菊地賢一

    化学工学会76年会  (東京) 

    2011年03月
     
     
     

  • レニン阻害サポニン:構造・機能相関解析

    高橋砂織,堀 一之,後藤 猛,杉山俊博

    第83回日本生化学会・第33回日本分子生物学会合同大会  (神戸) 

    2010年12月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 改良型トランスグルタミナーゼの近接依存反応を利用した複合タンパク質フィッシング法

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2016年04月
    2019年03月
     

  • 遺伝子の自在な装填を可能にする高効率タンパク質ー核酸ハイブリッド型ベクターの創製

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2012年04月
    2015年03月
     

  • 酵素展示バキュロウイルスの細胞結合能を指標とする新規ウイルスタイター測定法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月
     

    早期発現型のGP64プロモーターと後期発現型のPolhプロモーター制御下に,グルタミルS-トランスフェラーゼとEGFPをエンベロープ表層タンパク質GP64に融合発現させる酵素展示バキュロウイルスを構築した。現在,これらの組換えウイルスの生成挙動に及ぼすプロモーターの影響について調べている。さらに,ウイルスタイター測定法に応用するための諸条件を検討した。

  • バキュロウイルス時間差多重感染による糖鎖修飾ライブラリー構築システムの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月
     

    種類の異なる糖転移酵素遺伝子を組み込んだバキュロウイルスを昆虫細胞に時間差で多重感染することにより,糖鎖修飾ライブラリーを構築するシステムの開発を目的としている。これまで,糖鎖修飾を施すモデルタンパク質としてヒトインターロイキンン-2(hIL-2),糖転移酵素としてN-アセチルグルコサミルトランスフェラーゼとβ-ガラクトシルトランスフェラーゼを発現する組換えバキュロウイルスを作成した。種々感染条件において生成するhIL-2を精製し,LC-IT-TOFにより糖鎖の構造解析を行った。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 医薬リード化合物としてのイソプレノイドおよびその関連化合物の合成研究

    提供機関:   北東北国立3大学連携推進研究プロジェクト

    研究期間:

    2009年04月
    2011年03月