基本情報 【 表示 / 非表示

後藤 文彦 (ゴトウ フミヒコ)

GOTOU Humihiko

写真a

所属

大学院理工学研究科  システムデザイン工学専攻  土木環境工学コース

職名

教授

研究分野・キーワード

構造工学,木構造

ホームページ

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学系研究科  博士課程  1994年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   土木環境工学コース   教授  

    2016.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Systems Design Engineering   Civil and Environmental Engineering Course   Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    継続中
     

    土木学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学 (Structural engineering/Earthquake engineering/Maintenance management engineering)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭免許(専修・1種) (High School Teacher Specialization License (first and second kind,specialization))

  • 修習技術者(情報工学部門)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • プレストレス木箱桁橋鋼板部の座屈解析

    近藤 高誉,堅固山 衛,藤田 智郁,後藤 文彦,野田 龍,佐々木 貴信

    木材利用研究論文報告集   ( 16 )   9 - 12   2017年12月

  • FEMと3Dプリンタを用いたハニカムパネルの挙動解析

    後藤 文彦,田部井 香月,吹附 茜,大竹 壯弥,野田 龍

    構造工学論文集   63A   28 - 35   2017年03月

  • トルクレンチを用いたプレストレス木箱桁橋の緊張力制御

    後藤 文彦,河原 萌,石坂 晃太郎,佐々木 貴信,野田 龍

    構造工学論文集   62 ( A )   1300 - 1306   2016年03月

  • 災害時の応急構造物としての木製治山ダムの可能性

    野田 龍,佐々木 貴信,千田 知弘,中田 裕治,後藤 文彦

    構造工学論文集   62 ( A )   1282 - 1289   2016年03月

  • Estimation of shear modulus by FEM bending simulation of wood beams

    GOTOU Humihiko, CHIDA Tomohiro, USUKI Seizo

    WCTE 2006, Conference Proceedings, 9th World Conference on Timber Engineering, 2006 (CD-ROM).   2006年08月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 良いプレゼン 悪いプレゼン

    後藤 文彦

    カットシステム  2009年01月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第61回「構造工学シンポジウム論文賞」受賞論文

    2015年06月   日本学術会議,日本建築学会,土木学会  日本国

    受賞者: 後藤文彦, 尾山龍之介, 斉藤輝, 佐々木貴信

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 構造景観の客観的定量化と景観評価の重回帰分析

    若手研究(B)

    研究期間:

    2001年04月
    2003年03月
     

    構造景観の定量化指標を用いて人の好みを評価できるかどうかを調べるために,「畳み込み積分法」を用いて定量化した指標を説明変量とし,アンケートによる人の好みを目的変量として重回帰分析を行った.またステップワイズ法を用いて,個人個人に対しては統計的に有意な相関を示す事が確認できた.さらに同一背景に対する図案で特定の個人であれば,ある程度「好み」を予測する可能性を示した.

  • 空間固定三軸回りの回転自由度を用いた大変位解析

    奨励研究(A)

    研究期間:

    1999年04月
    2001年03月
     

    はりモデルに対して空間固定三軸回りの回転自由度を用いた大変位有限要素解析の定式化を導出した。まず、全体座標系の外力仮想仕事と局所座標系の外力仮想仕事とを等置した式から、全体座標系の外力ベクトルと局所座標系の外力ベクトルとの関係式を導いた。但し、外力仮想仕事の仮想変位の回転成分は、微小であることから空間固定三軸回りの成分で表し、これと対応する外力ベクトルのモーメント成分が空間固定三軸回りの成分となるようにした。また、局所座標系の外力仮想仕事の仮想変位は、はり要素の両節点間の相対変位成分とし、よって回転成分も微小な相対回転とすることによって空間固定三軸回りの成分とした。この全体座標系と局所座標系の外力ベクトルの関係式に、いわゆる剛体変位除去の手法を用いて、局所座標系で成り立つ周知の線形剛性方程式を組み合わせることにより、全体座標系の非線形剛性方程式を導いた。要素の剛体的な大回転成分はオイラー角を用いた座標変換で表したため、接線剛性方程式を導くにはオイラー角の増分を取らなければならないが、幾何学的関係から最終的に解く増分式では、自由度が空間固定三軸回りの微小回転角成分となるようにした。そして、既存の解が存在する大変位問題に対して数値解析を行い、この定式化の精度を確認した。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 奨学寄付金

    寄附者名称:社団法人 日本鉄鋼連盟 2006年01月

  • 奨学寄付金

    寄附者名称:社団法人 日本鉄鋼連盟 2005年06月

  • 奨学寄付金

    寄附者名称:社団法人 日本鉄鋼連盟 2004年06月

 

FD・教育改善等 【 表示 / 非表示

  • 授業デザイン―全学FDワークショップ   秋田大学教育推進総合センター  

    2005年09月
     
     

  • 教育改善戦略―カリキュラムプランニング   秋田大学工学資源学部教育学生委員会FD実行委員会  

    2004年09月
     
     

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度土木学会東北支部研究奨励賞

    2016年05月   土木学会東北支部  

    受賞者: 菊地 浩貴