基本情報 【 表示 / 非表示

原 基 (ハラ モトイ)

HARA Motoi

写真a

所属

大学院理工学研究科  物質科学専攻  材料理工学コース

職名

教授

研究分野・キーワード

材料工学,表面工学,材料環境工学

materials science, materials surface technology, materials corrosion engineering

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学系研究科  金属材料工学専攻  博士課程  1982年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  工学博士

  • 東北大学 -  工学修士

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年01月
    継続中

    秋田大学   工学資源学部材料工学科知能材料学講座   教授  

    2000.01
    -
     

    Akita University   Department of Material Science and Engineering   Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月
    1991年03月

      マサチューセッツ工科大学   研究員

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    継続中
     

    表面技術協会  日本国

  • 1991年10月
    継続中
     

    日本素材物性学会  日本国

  • 1987年04月
    継続中
     

    電気化学会・溶融塩委員会  日本国

  • 1986年04月
    継続中
     

    電気化学会  日本国

  • 1979年04月
    継続中
     

    腐食防食協会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 材料加工・組織制御工学 (Material processing/Microstructural control engineering)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 耐酸化性コーティングの開発

    研究期間:

    2003年04月
    継続中

  • 溶融塩電析法によるシリサイドおよびアルミナイド表面層の形成

    研究期間:

    1999年04月
    2004年03月

  • チタンアルミナイドおよびニッケルアルナイドの高温酸化特性

    研究期間:

    1997年04月
    継続中

  • チタニア膜の光アノード反応の活性化と防食膜への応用

    研究期間:

    1994年04月
    継続中

  • Ni基合金の溶融塩に起因する高温腐食

    研究期間:

    1983年04月
    1995年03月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 塩化ナトリウム水溶液中における非晶質パラジウム合金のアノード特性に関する研究

     (日本語)

    原 基

    1982年03月   単著

    材料加工・組織制御工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation of LaNi5 Layers by Electrodeposition Using Molten Salt and Anodic Polaraization Characteristics after Hydrogen Charge

    Yuya Suto, Naka Sato, Michihisa Fukumoto and Motoi Hara

    Int. J. Soc. Mater. Eng. Resour.   23 ( 1 )   48 - 52   2018年03月

  • 微量NaCl蒸気を含む空気中におけるNi-5, -8, および-10 at%Al合金の高温腐食

    佐藤芳幸,川邉健太,菅原功司,原 基

    日本金属学会誌   81 ( 9 )   441 - 446   2017年09月

  • 水素センサーおよび酸素ポンプ・センサーを用いたFe-Cr合金の水蒸気酸化挙動の検討

    福本倫久,赤堀昂太,園部 博,原 基

    日本金属学会誌   81 ( 9 )   408 - 416   2017年09月

  • Investigation of High-Temperature Oxidation in Steam for Ni-Al Alloys Using the Combination of a Hydrogen Sensor and an Oxygen Pump-Sensor

    Michihisa Fukumoto,Yasumasa Kawamori, Hiroshi Sonobe, Motoi Hara and Hiroyuki Kaneko

    Oxidation of Metals   89   357 - 373   2017年08月

  • Analysis of Water Vapor Oxidation of Fe and Fe-Cr Alloys by Measuring the Partial Presures of Hydrogen and Oxygen

    Michihisa Fukumoto, Hiroshi Sonobe, Motoi Hara and Hiroyuki Kaneko

    Oxidation of Metals   87   405 - 416   2017年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 電気化学便覧(腐食の基礎,溶融塩腐食)

    原  基

    丸善出版株式会社  2013年01月

  • 最新腐食事例解析と腐食診断法

    石原只雄,石川雄一,川原雄三,藤井哲雄,梶山文夫,中原正大,原 基

    テクノシステム  2008年08月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 溶融塩電析法による高耐酸化性コーティング

    原 基

    ケミカルエンジニアリング ( 化学工業社 )  57 ( 5 ) 329 - 336   2012年05月

  • 溶融塩電析法による高耐酸化性コーティングの形成

    原  基

    日本金属学会セミナー・テキスト,高温過酷環境を制する耐食材料/コーティングのさらなる挑戦-最近の耐食性理論と長寿命材料の開発・実用化- ( 日本金属学会 )    95 - 103   2012年03月

  • 溶融塩電析法による耐酸化Niアルミナイド・コーティング膜の形成

    福本倫久,原  基

    材料と環境 ( 腐食防食協会 )  61 ( 3 ) 80 - 84   2012年03月

  • 溶融塩電析法による活性金属を含むNiアルミナイドのコーティング

    原 基,福本倫久

    高温学会誌 ( 高温学会 )  37 ( 5 ) 229 - 234   2011年09月

  • 溶融塩電析による耐酸化コーティング

    原 基,福本倫久

    表面技術 ( 表面技術協会 )  58 ( 7 ) 384 - 388   2007年07月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 溶融塩を媒体とした電析と溶解による多孔質ステンレス鋼の創製

    山田貴之,福本倫久,原 基,土井教史

    日本金属学会2018年春期(第162回)講演大会  (千葉工業大学新習志野キャンパス) 

    2018年03月
     
     
     

  • ガスセンサーを用いたFeおよびFe-Cr合金の昇温過程中における水蒸気酸化挙動の検討

    福本倫久,赤堀昂太,原 基

    日本金属学会2018年春期(第162回)講演大会  (千葉工業大学新習志野キャンパス) 

    2018年03月
     
     
     

  • Fe上へのNiアルミナイド/Ni2層コーティングの作製と耐サイクル酸化性

    石戸隆介,内田祥太,菅原和久,福本倫久,原 基

    腐食防食学会東北支部講演会  (スタンダード会議室(仙台市)) 

    2018年03月
     
     
     

  • 溶融塩を媒体とした電析と溶解法による多孔質Fe表面の創製

    山田貴之,福本倫久,原 基

    平成29年度日本金属学会東北支部研究発表大会  (東北大学) 

    2017年11月
     
     
     

  • Preparation of LaNi5 Layers by Electrodeposition Using Molten Salt and Anodic Polarization Characteristics after Hydrogen Charge

    Y. Suto, N. Sato, M. Fukumoto and M. Hara

    The 8th International Conference on Materials Engineering for Resources 

    2017年10月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第65回 日本金属学会論文賞(材料化学部門)

    2017年09月06日   公益社団法人 日本金属学会  日本国

    受賞者: 福本倫久,佐藤勇気,原  基

  • 第64回 日本金属学会論文賞(材料化学部門)

    2016年09月21日   公益社団法人 日本金属学会  日本国

    受賞者: 福本倫久,櫻庭拓也,原  基,金児紘征

  • 腐食防食学会貢献賞

    2015年05月19日   公益社団法人 腐食防食学会  日本国

    受賞者: 原  基

  • 腐食防食学会平成26年度論文賞

    2014年05月19日   腐食防食学会  日本国

    受賞者: 佐藤芳幸,山下 光,原  基

  • 日本金属学会学術貢献賞

    2010年09月25日   日本金属学会  日本国

    受賞者: 原 基

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Si拡散層により耐水蒸気酸化性を向上させた燃料被覆管Zrの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    2020年03月
     

  • 溶融塩電析と自己組織化による拡散障壁能を有する耐酸化コーティングの創製

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2014年04月
    2017年03月
     

    溶融塩電析法によるAlとHfの電析と酸化過程におけるコーティング層の自己組織化により,耐酸化性が高い層とAlの下地合金への拡散を抑制する拡散障壁層から成るコーティングを作製する。

  • 溶融塩電析と自己組織化を利用したNb基耐熱合金への高耐酸化コーティングの創製

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2011年04月
    2014年03月
     

    溶融塩を媒体としたAlの電析によるコーティング膜の形成と高温酸化過程で起こるコーティング層の自己組織化を利用してNb基耐熱合金上に高耐酸化コーティングを創製する。

  • 超寿命・高信頼性遮熱コーティングを実現する拡散バリア型ボンドコートの創製

    特別推進研究

    研究期間:

    2004年09月
    2009年03月
     

    超寿命・高信頼性遮熱コーティングを実現する拡散バリア型ボンドコートの創製

  • 溶融塩を媒体としたAlの電析によるTiAl金属間化合物の耐酸化性能の改善

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2001年04月
    2003年03月
     

    溶融塩を媒体としたAlの電析によるTiAl金属間化合物の耐酸化性能の改善

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 耐食鋼のグリーンスチール化を実現する表面改質技術の開発

    提供機関:   JST研究成果最適展開支援プログラム

    研究期間:

    2013年08月
    2014年03月
     

  • 溶融塩を媒体とした希土類元素の電析によるニッケル-水素2次電池用負極の作製技術の開発

    提供機関:   JST研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム)

    研究期間:

    2012年11月
    2013年10月
     

  • 溶融塩電析による希土類元素を含むNi-Al合金コーティングプロセスの開発

    提供機関:   JST研究成果展開事業(研究成果最適展開支援プログラム)

    研究期間:

    2011年08月
    2012年03月
     

  • チタニアによる鉄鋼材料の光ガルバニ防食の基礎研究

    提供機関:   JFE21世紀財団・技術研究助成

    研究期間:

    2003年10月
    2004年09月
     

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 金属材料の高温腐食試験方法の標準化調査研究

    提供機関: ステンレス協会

    研究期間:

    2003年12月
    2004年03月
     

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 白金族元素を主とした溶融塩電解法による耐熱コーティング

    提供機関: 株式会社フルヤ金属

    研究期間:

    2010年03月
    2011年01月
     

  • 超寿命・高信頼性遮断コーティングを実現する拡散バリヤ型ボンドコートの創製

    提供機関: 北海道大学工学研究科

    研究期間:

    2004年08月
    2009年03月
     

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 研究助成

    寄附者名称:三井造船株式会社 2003年11月

  • 研究助成

    寄附者名称:三井造船株式会社 2002年07月

  • 研究助成

    寄附者名称:三井造船株式会社 2000年07月

  • 研究助成

    寄附者名称:三井造船株式会社 1999年06月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 溶融塩電解法による材料表面の改質,コーティング膜の作製

  • チタニア膜の光電気化学反応の活性化とその応用

 

FD・教育改善等 【 表示 / 非表示

  • 教育改善戦略-カリキュラムプランニング   工学資源学部  

    2003年09月
     
     

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 腐食防食学会東北支部奨励賞

    2018年03月   腐食防食学会東北支部  

    受賞者: 石戸隆介

  • 優秀学生ポスター賞

    2017年11月   日本金属学会東北支部  

    受賞者: 山田貴之

  • 表面技術協会・腐食防食学会東北支部奨励賞

    2017年03月   表面技術協会・腐食防食学会東北支部  

    受賞者: 須藤裕弥

  • 腐食防食学会東北支部奨励賞

    2015年03月   腐食防食学会東北支部  

    受賞者: 櫻庭拓也

  • 日本金属学会東北支部研究発表会・銅賞

    2012年12月   日本金属学会東北支部  

    受賞者: 宮田知隼

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    2018年03月

      理工学部学生委員会委員長

  • 2016年04月
    2017年03月

      理工学部物質科学科材料理工学コースコース長

  • 2014年04月
    2015年03月

      学術研究企画会議委員

  • 2008年04月
    2010年04月

      工学資源学部学務委員会委員長

  • 2008年04月
    2009年03月

      工学資源学部材料工学科学科長

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    継続中

    腐食防食協会   東北支部長

  • 2017年04月
    2019年03月

    日本金属学会   本部代議員

  • 2011年04月
    2013年03月

    表面技術協会   東北支部長

  • 2009年11月
     
     

    表面技術協会   2010年度進歩賞選考委員会委員長

  • 2009年02月
    2011年02月

    腐食防食協会   評議員

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 秋田県表面処理技術研究会顧問

    2003年04月
    継続中