基本情報 【 表示 / 非表示

景山 陽一 (カゲヤマ ヨウイチ)

KAGEYAMA Yoichi

写真a

所属

大学院理工学研究科  数理・電気電子情報学専攻  人間情報工学コース

職名

教授

研究室住所

秋田市手形学園町1-1 秋田大学大学院理工学研究科

1-1 Tegata Gakuen-machi, Akita city, Akita

研究分野・キーワード

ヒューマンセンシング,リモートセンシング,画像情報処理, 画像情報応用,視覚認知,感性情報処理

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://adeos6.ie.akita-u.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   鉱山学部   情報工学科   1995年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  鉱山学研究科  情報工学専攻  修士課程  1997年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

  • 秋田大学 -  修士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   数理・電気電子情報学専攻   人間情報工学コース   教授  

    2016.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Mathematical Science and Electrical-Electronic-Computer Engineering   Human-Centered Computing Course   Professor

  • 2013年07月
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   情報工学専攻   教授  

    2013.07
    -
    2016.03

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Computer Science and Engineering   Professor

  • 2010年04月
    2013年06月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   情報工学専攻   准教授  

    2010.04
    -
    2013.06

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Computer Science and Engineering   Associate Professor

  • 2008年04月
    2010年03月

    秋田大学   工学資源学部情報工学科   准教授  

    2008.04
    -
    2010.03

    Akita University   Associate Professor

  • 2004年03月
    2007年03月

    秋田大学   工学資源学部情報工学科人間情報工学講座   助教授  

    2004.03
    -
    2007.03

    Akita University   Department of Computer Science and Engineering   Associate Professor

全件表示 >>

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    2011年03月

      放送大学    非常勤講師(面接授業担当)

  • 2009年04月
    2009年09月

      秋田工業高等専門学校   非常勤講師

  • 2006年10月
    2007年03月

      秋田県立大学   非常勤講師

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 1994年12月
    継続中
     

    電気学会  日本国

  • 1996年04月
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 1995年04月
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

  • 2009年01月
    継続中
     

    日本知能情報ファジィ学会  日本国

    2009.01
    -
     
     

    Japan SOciety for Fuzzy Theory and intelligent informatics  JAPAN

  • 2006年08月
    継続中
     

    映像情報メディア学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知覚情報処理 (Perceptual information processing)

  • ヒューマンインタフェース・インタラクション (Human interface and interaction)

  • 感性情報学 (Kansei informatics)

  • 制御・システム工学 (Control engineering/System engineering)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • コミュニケーション支援を目的とした発話時の非接触情報による心情・体調変化の推定

    研究期間:

    2019年04月
    2022年03月

  • リモートセンシングデータを用いた震災廃棄物量の推定法の開発

    研究期間:

    2012年10月
    継続中

  • 口唇の動き特徴に着目した心情変化・体調変化の検出

    研究期間:

    2012年04月
    継続中

  • 画像処理による植生判別法の検討

    研究期間:

    2011年04月
    継続中

  • 空間情報を用いた鳥海山沿岸海域における地下水の湧出メカニズムに関する研究

    研究期間:

    2010年04月
    2013年03月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • リモートセンシングデータの解析アルゴリズムの開発とその応用に関する研究

     (日本語)

    景山陽一

    2001年12月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of Water Quality Conditions of Lake Hachiroko Using Fuzzy C-means

    K. Matsui, Y. Kageyama and H. Yokoyama

    Journal of Advanced Computational Intelligence&Intelligent Informatics   23 ( 3 )   456 - 465   2019年05月

  • Noise Removal Method for Unmanned Aerial Vehicle Data to Estimate Water Quality of Miharu Dam Reservoir, Japan

    S. Totsuka, Y. Kageyama, M. Ishikawa, B. Kobori and D. Nagamoto

    Journal of Advanced Computational Intelligence&Intelligent Informatics   23 ( 1 )   34 - 41   2019年01月

  • 順伝播型ニューラルネットワークを用いた口唇形状自動抽出法

    中村 悦郎, 髙橋 毅, 景山 陽一, 石井 雅樹, 西田 眞

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   138 ( 12 )   1604 - 1612   2018年12月

  • Application of Fuzzy regression analysis and Fuzzy C-means technique using UAV Data to Understand Water Quality in the Miharu Dam Reservoir, Japan

    Y. Kageyama, K. Wakatabe, M. Ishikawa, B. Kobori and D. Nagamoto

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   13 ( 12 )   1831 - 1832   2018年11月

  • Person Region Extraction and Background Replacement in Images for Privacy Protection

    S. Sato, Y. Kageyama, C. Ishizawa and M. Nishida

    International Journal of the Society of Materials Engineering for Resources   23 ( 2 )   162 - 166   2018年09月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「車載カメラ画像を用いた夜間の最高速度標識の認識技術」,車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用(分担執筆;第5章第4節)

    石沢 千佳子, 景山 陽一, 西田 眞

    技術情報協会  2017年05月

  • 「発話に伴う口唇の動きによる個人認証技術」, 高精度化する個人認証技術(分担執筆;第4章第8節)

    西田 眞, 景山 陽一

    NTS  2014年11月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 発話に伴う口唇の動き特徴を用いた個人認証技術~発話動作を用いたインターフェースシステムの開発~

    高橋 毅,景山 陽一,西田 眞

    月刊自動認識 ( 日本工業出版 )  29 ( 3 ) 1 - 7   2016年03月

  • Extraction of Character Sequences from Signboards by Using Background Color Information

    M. Nomura, T. Suzuki, Y. Kageyama, C. Ishizawa and M. Nishida

    Electronics and Communications in Japan ( Wiley Periodicals, Inc. )  98 ( 8 ) 57 - 68   2015年07月

  • Quantification of Emotions for Facial Expression: Generation of Emotional Feature Space Using Self-Mapping

    M. Ishii, T. Shimodate, Y. Kageyama, T. Takahashi, M. Nishida

    Developments and Applications of Self-Organizing Maps ( In-tech )    2012年11月

  • 情景画像の特徴を考慮した円形道路標識の抽出~明度情報の活用としきい値の自動設定~

    景山陽一,西田眞

    画像ラボ ( 日本工業出版 )  22 ( 5 ) 8 - 14   2011年05月

  • 形状情報を用いた口唇領域の自動抽出~発話に伴う口唇の時系列的な動き情報の活用~

    景山陽一,西田眞

    画像ラボ ( 日本工業出版 )  22 ( 1 ) 1 - 8   2011年01月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 画像処理技術を用いたリサイクル電子基板における類似度判定法

    佐々木 一音, 中村 悦郎, 景山 陽一, 川村 茂, 髙橋 毅, 石沢 千佳子, 鳥井 岳人, 関口 秀一, 小川 啓太

    2019年度電気関係学会東北支部連合大会  (秋田大学) 

    2019年08月
     
     
     

  • UAVデータ取得条件の相違による送電線の3次元復元結果比較

    新井 達也, 景山 陽一, 石沢 千佳子, 末廣 健二, 高橋 美紀, 小林 拓也, 石井 雅樹

    2019年度電気関係学会東北支部連合大会  (秋田大学) 

    2019年08月
     
     
     

  • 八郎湖の水質状況推定を目的としたリモートセンシングデータの擬似的な分解能向上手法に関する検討

    松井 解, 景山 陽一, 横山 洋之

    2019年度電気関係学会東北支部連合大会  (秋田大学) 

    2019年08月
     
     
     

  • 口唇における2次元座標データに基づく「喜び」の情動判別に関する基礎検討

    根本紗希, 景山 陽一

    2019年度電気関係学会東北支部連合大会  (秋田大学) 

    2019年08月
     
     
     

  • 全方位カメラを用いた発話区間判別手法に関する基礎検討

    中村 悦郎, 景山 陽一, 白須礎成

    2019年度電気関係学会東北支部連合大会  (秋田大学) 

    2019年08月
     
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 倉庫作業支援装置及び倉庫作業支援プログラム(特許第6418551号)

    特願 2014-179858 

  • カラー画像に含まれる植生領域の判別方法,判別装置,判別 システム,及び判別プログラム(特許第5679312号)

    特願 特願2011-066643 

  • 被写体の白飛び判定方法、判定装置、及び判定プログラム、並びに、画像検索方法、画像検索装置、及びに画像検索プログラム (特許第5610337号)

    特願 特願2010-056229 

  • 被写体の重要度判定方法及び装置、重要度判定プログラム、画像検索方法及び装置、並びに、画像検索プログラム(特許第5376583号)

    特願 特願2009-121112 

  • カラー画像を用いた看板の認識方法(特許第4336755号)

    特願 特願2008-192935 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ICISIP2019 Best Paper Award

    2019年09月08日   The 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019  日本国

    受賞者: Tatsuya Arai, Yoichi Kageyama, Chikako Ishizawa, Kenji Suehiro, Yoshinori Takahashi, Takuya Kobayashi, Masaki Ishii

  • ICISIP2019 Best Presentation Award

    2019年09月07日   The 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019  日本国

    受賞者: Etsuro Nakamura, Tsuyoshi Takahashi, Yoichi Kageyama, Masaki Ishii, Makoto Nishida, Motonari Shirasu

  • ICISIP2018 Best Paper Award

    2018年09月13日   The Institute of Industrial Applications Engineers  日本国

    受賞者: T. Takahashi, Y. Kageyama, M. Ishii, M. Nishida, E. Nakamura, K. Fujisawa

  • ICISIP2018 Best Poster Award

    2018年09月13日   The Institute of Industrial Applications Engineers  日本国

    受賞者: T. Suzuki, Y. Kageyama, C. Ishizawa

  • ICISIP2018 Best Poster Award

    2018年09月13日   The Institute of Industrial Applications Engineers  日本国

    受賞者: H. Ishikawa, Y. Kageyama, C. Ishizawa, T. Takahashi, M. Nishida, H. Shinden, T. Takisawa, T. Koyama, M. Kobushi

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • コミュニケーション支援を目的とした発話時の非接触情報による心情・体調変化の推定

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    2022年03月
     

  • 空間情報を用いた鳥海山沿岸海域における地下水の湧出メカニズムに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2010年04月
    2013年03月
     

    本研究は,鳥海山からの地下水が伏流水として湧出している日本海沿岸海域を対象とし,異なる種類のセンサで取得されたリモートセンシングデータ(以下,リモセンデータ)を組み合わせて複合的な解析を行い,対象地域における海底地下水の湧出メカニズムを明らかにする。

  • あいまいさを考慮した空間情報による沿岸域の環境情報解析法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:

    2006年04月
    2009年03月
     

    本申請課題は鳥海山からの地下水が伏流水として湧出している日本海沿岸域を対象とし,異なる種類のリモートセンシングデータを組み合わせて複合的な解析を行うとともに,データの分解能に埋もれた局所的な自然現象の解析を行い,さらに得られた結果に基づき,沿岸域の環境情報と生態系の分布状況との関連を解析する手法の開発を目的としている。具体的には,(1)効果的な情報抽出のための特徴量の選定やアルゴリズムの開発,(2)データの分解能を向上させ,データの分解能に埋もれた情報を抽出するアルゴリズムの開発,(3)データが取得されない期間の情報を補完するアルゴリズムの開発を行う。

  • あいまいさを考慮した空間情報による沿岸域の生態系分布状況解析とデータベースの構築

    若手研究(B)

    研究期間:

    2004年04月
    2006年03月
     

    鳥海山からの地下水が伏流水として湧出している日本海沿岸部を対象地域とし,代表的な生態の一つである岩ガキの分布状況を空間情報により解析すること,並びにその結果をデータベース化することを目的としている。具体的には,海底湧出地下水によって生じる沿岸海域の種々の自然現象とリモートセンシングデータとの関連を明らかにした。次に,リモートセンシングデータを用いた解析を行うためのアルゴリズムを開発した。さらに,シミュレーション等により得られた結果や現地の専門家により得られた知見と岩ガキの分布状況との関連を明らかにした。

  • あいまいさを考慮した空間情報による環境評価シミュレーション手法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:

    2001年04月
    2003年03月
     

    環境問題の多くは局所スケールの問題から発生し広域な範囲に影響を与えている。このため,高分解能センサで取得される局所的な情報を低分解能センサで取得されたデータを介して広い範囲に外挿し細かな情報を推定する手法を開発した。また,山地や海域など異なる特性を示す複数の土地被覆情報から構成される地域の環境変化についても検討を加えた。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 久慈産琥珀砕片を対象とした画像センシングによる色調自動選別法の開発

    提供機関:   JSTマッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」

    研究期間:

    2016年06月
    2017年03月
     

  • 画像処理による河川堤防の植生管理技術の開発

    提供機関:   河川財団河川整備基金助成

    研究期間:

    2013年04月
    2014年03月
     

  • リモートセンシングデータを用いた震災廃棄物量推定法の開発

    提供機関:   復興促進プログラム(A-STEP)

    研究期間:

    2012年10月
    2013年09月
     

  • 口唇の動き特徴を用いた心理変化の検出とそのシステム化に関する検討

    提供機関:   平成23年度 秋田大学 年度計画推進経費

    研究期間:

    2011年11月
    2012年03月
     

  • 夜間取得データを対象とした最高速度標識認識法の開発

    提供機関:   高橋産業経済研究財団 助成

    研究期間:

    2011年04月
    2012年03月
     

全件表示 >>

 

FD・教育改善等 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度第2回秋田大学全学FD・SDシンポジウム   秋田大学  

    2019年03月
     
     

  • 平成30 年度秋田大学評価・IRセンターFD・SDセミナー   秋田大学  

    2019年02月
     
     

  • 秋田大学FD・SDシンポジウム   秋田大学  

    2018年11月
     
     

  • 秋田大学「大学運営セミナー」   秋田大学  

    2018年10月
     
     

  • 理工学研究科FD   理工学研究科  

    2018年06月
    継続中

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ICISIP2019 Best Paper Award

    2019年09月   The 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019  

    受賞者: Tatsuya Arai, Yoichi Kageyama, Chikako Ishizawa, Kenji Suehiro, Yoshinori Takahashi, Takuya Kobayashi, Masaki Ishii

  • ICISIP2019 Best Student Paper Award

    2019年09月   The 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019  

    受賞者: Kai Matsui

  • ICISIP2019 Best Presentation Award

    2019年09月   The 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019  

    受賞者: Etsuro Nakamura, Tsuyoshi Takahashi, Yoichi Kageyama, Masaki Ishii, Makoto Nishida, Motonari Shirasu

  • 情報処理学会東北支部奨励賞

    2019年06月   情報処理学会東北支部  

    受賞者: 触沢亘

  • 情報処理学会東北支部奨励賞

    2019年06月   情報処理学会東北支部  

    受賞者: 鈴木拓也

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     

    授業優秀教員

  • 2016年11月
     
     

    授業優秀教員

  • 2015年03月
     
     

    授業優秀教員

  • 2011年10月
    2018年11月

    学生からの評価が高い授業(専門科目)

  • 2007年04月
    2012年09月

    学生からの評価が高い授業(基礎科目)

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    継続中

      学務委員会 委員長

  • 2016年04月
    2017年03月

      情報工学専攻長,情報工学科長,人間情報工学コース長

  • 2016年07月
    2017年06月

      代議員選挙管理委員会 委員長

  • 2016年04月
    2017年03月

      評価委員会(教員評価委員会)副委員長

  • 2015年12月
    継続中

      研究科施設展開WG委員長(施設展開プロジェクトチーム戦略企画員)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    2020年03月

    情報処理学会   2019年度電気関係学会東北支部連合大会現地実行委員長

  • 2019年03月
     
     

    日本知能情報ファジィ学会   日本知能情報ファジィ学会東北支部研究会 セッション2司会

  • 2018年09月
     
     

    情報処理学会   平成30年度電気関係学会東北支部連合大会 Student Session(5)座長

  • 2018年04月
    2019年03月

    情報処理学会   平成30年度電気関係学会東北支部連合大会委員

  • 2018年03月
     
     

    日本知能情報ファジィ学会   日本知能情報ファジィ学会東北支部研究会 運営委員,奨励賞授賞式担当

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • イノベーション・ジャパン2019 出展

    2019年08月
     
     

  • 秋田ICTフェア2019 出展

    2019年08月
     
     

  • 高大連携授業 高校生のための最新人間情報学 (AIからVRまで) :「画像・センシングで見守る秋田の暮らし」

    2019年06月
     
     

  • 秋田大学講座「超スマート社会への対応;超スマート社会構築に向けたイノベーション」講師

    2018年11月
     
     

  • 第8回科学の甲子園全国大会秋田県予選会での講演(秋田県教育委員会)

    2018年10月
     
     

全件表示 >>