基本情報 【 表示 / 非表示

近藤 良彦 (コンドウ ヨシヒコ)

KONDO Yoshihiko

写真a

所属

大学院理工学研究科  生命科学専攻  生命科学コース

職名

准教授

研究分野・キーワード

超分子化学 包接化学

Supramolecular Chemistry, Host-Guest Chemistry

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学   鉱山学部   燃料化学科   1983年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  鉱山学研究科  機能物質工学専攻  博士後期課程  2003年03月  中退

  • 秋田大学  鉱山学研究科  燃料化学専攻  博士前期課程  1995年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   生命科学専攻   生命科学コース   准教授  

    2019.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Life Science   Life Science Course   Associate Professor

  • 2016年04月
    2019年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   生命科学専攻   講師  

    2016.04
    -
    2019.03

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Life Science   Lecturer

  • 2010年11月
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   生命科学専攻   講師  

    2010.11
    -
    2016.03

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Life Science   Lecturer

  • 2010年04月
    2010年10月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   生命化学科   助教  

    2010.04
    -
    2010.10

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Life Science   Assistant Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    継続中
     

    シクロデキストリン学会  日本国

  • 2002年10月
    継続中
     

    日本化学会  日本国

  • 2001年11月
    継続中
     

    有機合成化学協会  日本国

  • 2001年06月
    継続中
     

    日本素材物性学会  日本国

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Study on Metal Sensing System Based on Macrocyclic Compounds and their Crystal Structures of Complex with Organic Molecules and Metal Cation

     (英語)

    近藤良彦

    2005年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Double bond formation based on nitroaldol reaction and radical elimination: A prototype segment connection method for the total synthesis of nigricanoside A dimethyl ester

    Takayuki Tsunoda, Kenshu Fujiwara, Satoshi Okamoto, Yoshihiko Kondo, Uichi Akiba, Yusuke Ishigaki, Ryo Katoono, Takanori Suzuki

    Tetrahedron Letters   59 ( 19 )   1846 - 1850   2018年05月

  • An improved synthesis of the C42-C52 segment of ciguatoxin 3C.

    Takafumi Saito, Kenshu Fujiwara, Yusuke Sano, Takuto Sato, Yoshihiko Kondo,Uichi Akiba, Yusuke Ishigaki, Ryo Katoono, Takanori Suzuki

    Tetrahedron Letters   59 ( 14 )   1372 - 1376   2018年04月

  • High selectivity and extractability of palladium from chloride leach liquors of automotive catalyst residue by azothiacalix[4]arene derivative

    Kannan Senthil, Uichi Akiba, Kenshu Fujiwara, Fumio Hamada, Yoshihiko Kondo

    Hydrometallurgy   in press   2017年03月

  • Highly selective separation and recovery of Pd(II) ions from the automotive catalyst residue with the thiocarbamoyl substituted azothiacalix[4]arene derivative

    Kannan Senthila, Uichi Akiba, Kenshu Fujiwara, Yoshihiko Kondo

    Separation Science and Technology   52 ( 8 )   1365 - 1376   2017年01月

  • New Heterocyclic Dithioether Ligands for Highly Selective Separation and Recovery of Pd(II) from Acidic Leach Liquors of Spent Automobile Catalyst

    Kannan Senthil, Uichi Akiba, Kenshu Fujiwara, Fumio Hamada, and Yoshihiko Kondo

    Industrial & Engineering Chemistry Research   56   1036 - 1047   2017年01月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Synthetic Studies of Selaginellin S

    板垣貴也, 近藤良彦, 秋葉宇一, 藤原憲秀

    平成30年度化学系協会東北大会  (秋田) 

    2018年09月
     
     
     

  • イワヒバ由来セラジネリンAの合成研究

    藤原憲秀、板垣貴也、近藤良彦、秋葉宇一

    日本化学会第98回春季年会  (船橋) 

    2018年03月
     
     
     

  • ジベンゾフラン天然物ケホコリンEの合成研究

    佐藤大介、近藤良彦、秋葉宇一、藤原憲秀

    日本化学会第98回春季年会  (ファイル) 

    2018年03月
     
     
     

  • ジベンゾフラン配糖体ケホコリンAの合成研究

    藤原憲秀、元臼亮佑、佐藤大介、近藤良彦、秋葉宇一

    日本化学会第98回春季年会  (船橋) 

    2018年03月
     
     
     

  • 分子プローブへの展開を目指したヒドロキシクロロキンの誘導体化の検討

    成瀨貴啓, 布村渉, 涌井秀樹, 近藤良彦, 秋葉宇一, 藤原憲秀

    平成29年度化学系協会東北大会(盛岡) 

    2017年09月
     
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 金属吸着剤

    特願 特願2016-169731 

  • パラジウム抽出剤およびパラジウムの抽出分離方法

    特願 特願2015-027639 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • レアメタル抽出能を有する天然物有機-無機複合材料の創成

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2013年04月
    2016年03月
     

  • 環状化合物を利用したレアメタル高選択的抽出剤の開発に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月