基本情報 【 表示 / 非表示

前田 深春 (マエダ ミハル)

MAEDA Miharu

写真a

所属

大学院医学系研究科  医学専攻  機能展開医学系

職名

助教

研究分野・キーワード

細胞生物学・薬理学・生化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   薬学部   2014年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学系研究科  博士課程  2018年03月  中退

  • 東京大学  薬学系研究科  薬科学専攻  修士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  修士 (薬学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    継続中

    秋田大学   大学院医学系研究科   医学専攻   機能展開医学系   助教  

    2018.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Medicine   Doctorial Course in Medicine   Organ Function-Oriented Medicine   Assistant Professor

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Not just a cargo receptor for large cargoes; an emerging role of TANGO1 as an organizer of ER exit sites.

    Saito K, Maeda M.

    J Biochem.   166 ( 2 )   115 - 119   2019年08月

  • COPII proteins exhibit distinct subdomains within each ER exit site for executing their functions.

    Maeda M, Kurokawa K, Katada T, Nakano A, Saito K.

    Sci Rep.   9 ( 1 )   7346   2019年05月

  • Remodeling of ER-exit sites initiates a membrane supply pathway for autophagosome biogenesis.

    Ge L, Zhang M, Kenny SJ, Liu D, Maeda M, Saito K, Mathur A, Xu K, Schekman R.

    EMBO Rep.   18 ( 9 )   1586 - 1603   2017年09月

  • Regulation of the Sar1 GTPase Cycle Is Necessary for Large Cargo Secretion from the Endoplasmic Reticulum.

    Saito K, Maeda M, Katada T.

    Front Cell Dev Biol.   2017年08月

  • TANGO1 recruits Sec16 to coordinately organize ER exit sites for efficient secretion.

    Maeda M, Katada T, Saito K.

    J Cell Biol.   5 ( 6 )   1731 - 1743   2017年06月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • リン酸化修飾によるER exit site形成メカニズムの解明

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:

    2018年08月
    継続中
     

  • 巨大分子コラーゲンの分泌機構の解明

    特別研究員推奨費

    研究期間:

    2017年04月
    2018年03月