基本情報 【 表示 / 非表示

BESSETTE ALAN JOSEPH (ベセット アラン ジョセフ)

BESSETTE ALAN JOSEPH

写真a

所属

大学院国際資源学研究科

職名

准教授

生年月日

1954年11月08日

研究分野・キーワード

CALL, TESOL

CALL, TESOL

出身大学 【 表示 / 非表示

  • カルフォニア大学バークリー校   College of Letters and Science   動物学   1976年06月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • テンプル大学校大学院日本校  教育学研究科  修士課程  1993年01月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • テンプル大学校大学院日本校 -  Masters of Education

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   大学院国際資源学研究科   准教授  

    2016.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of International Resource Sciences   Associate Professor

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluating Student Writing: Have They Improved?

    Alan J. Bessette

    Into the Classroom, Poole Gakuin English Education Research Bulletin.   15 - 31   2014年03月

  • Learner Use of a Tutorial CALL Program

    Alan J. Bessette

    プール学院大学研究紀要   54   77 - 87   2013年12月

  • Integrating CALL into the Curriculum

    Alan J. Bessette

    Curricular Innovation, Poole Gakuin English Education Research Bulletin   22 - 39   2008年03月

著書 【 表示 / 非表示

  • Power Vocabulary

    Alan J. Bessette

    英潮社フェニックス  2007年10月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Using VoiceThread to Create Student Presentations

    Alan J. Bessette

    Arabia TESOL 2012  (Dubai Women’s College, UAE) 

    2012年03月
     
     
     

  • Improving Learner Use of CALL Software

    Alan J. Bessette with H. Kwon, Y. Sato and Y. Arima

    2011 EuroCALL Conference  (Nottingham University, U.K.) 

    2011年08月
    2011年09月
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • CALL, Learner Strategies

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2010年04月
    2012年03月
     

    This study investigates learner use of tutorial CALL and the learners’ use of learning strategies, especially metacognitive strategies. Tutorial CALL offers learning support features and opportunities for learners to improve, but the
    results showed that learners often do not make full use of the features nor of metacognitive strategies that are important for autonomous learning. Thus, the study indicates that learners need more training on how to use the software to its full benefit and in developing learning strategies.