基本情報 【 表示 / 非表示

Stephen P. Obrochta (スティーブン オブラクタ)

Stephen P. Obrochta

写真a

所属

大学院国際資源学研究科  資源地球科学専攻

職名

准教授

研究分野・キーワード

古海洋学、古気候学、古環境復元、層序学

Paleoceanography, paleoclimatology, paleoenvironmental reconstruction, stratigraphy

出身大学 【 表示 / 非表示

  • Eckerd College   海洋学部   1997年12月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • Duke University  地球海洋学部  博士課程  2008年12月  修了

  • 南フロリダ大学  海洋地質  修士課程  2004年07月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Duke University -  博士(理学)

  • University of South Florida -  修士(理学)

  • Eckerd College -  学士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年12月
    継続中

    秋田大学   国際資源学部   国際資源学科   資源地球科学コース   准教授  

    2014.12
    -
     

    Akita University   Faculty of International Resource Sciences   Department of International Resource Sciences   Dept. of Earth Resource Science   Associate Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    2014年12月

      東京大学大気海洋研究所   海洋底科学部門   外国人特別研究員(定着促進)

    2014.10
    -
    2014.12

      University of Tokyo Atmosphere Ocean Research Institute   Department of Ocean Floor Geoscience   JSPS Postdoctoral Foreign Researcher (Pathways)

  • 2010年11月
    2014年09月

      東京大学大気海洋研究所   海洋底科学部門   特任研究員

    2010.11
    -
    2014.09

      University of Tokyo Atmosphere Ocean Research Institute   Department of Ocean Floor Geoscience   Postdoctoral Researcher

  • 2010年04月
    2010年11月

      東京大学大気海洋研究所   海洋底科学部門   外国人特別研究員

    2010.04
    -
    2010.11

      University of Tokyo Atmosphere Ocean Research Institute   Department of Ocean Floor Geoscience   JSPS Postdoctoral Foreign Researcher

  • 2008年11月
    2010年03月

      東京大学海洋研究所   海洋底科学部門   外国人特別研究員

    2008.11
    -
    2010.03

      University of Tokyo Ocean Research Institute   Department of Ocean Floor Geoscience   JSPS Postdoctoral Foreign Researcher

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 統合国際深海掘削計画第347研究航海、バルト海古気候環境

    研究期間:

    2014年01月
    継続中

  • 南海トラフの地震活動に起因した古津波と古地震記録の復元

    研究期間:

    2014年09月
    継続中

  • ネアンデルタールとホモサピエンス交替劇の真あ相(新学術1201)

    研究期間:

    2010年12月
    継続中

  • インド洋・太平洋熱帯域における海洋気候観測研究/トライトンブイの運用(MR14-02)

    研究期間:

    2014年02月
    継続中

  • インドネシア多島海およびティモール海における海水準・古海洋研究(KH11-1)

    研究期間:

    2011年01月
    継続中

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Response of the Great Barrier Reef to sea-level and environmental changes over the past 30,000 years

    Jody M. Webster, Juan Carlos Braga, Marc Humblet, Donald C. Potts, Yasufumi Iryu, Yusuke Yokoyama, Kazuhiko Fujita, Raphael Bourillot, Tezer M. Esat, Stewart Fallon, William G. Thompson, Alexander L. Thomas, Hironobu Kan, Helen V. McGregor, Gustavo Hinestrosa, Stephen P. Obrochta, Bryan C. Lougheed

    Nature Geoscience   2018年05月

  • The undatables: Quantifying uncertainty in a highly expanded Late Glacial - Holocene sediment sequence recovered from the deepest Baltic Sea basin - IODP Site M0063

    Stephen P. Obrochta, Thomas Andrén, Szilárd Z. Fazeka, Bryan C. Lougheed, Ian Snowball, Yusuke Yokoyama, Yosuke Miyairi, Reisuke Kondo, Aarno, T. Kotilainen, Outi Hyttinen, and Annick Fehr

    Geochemistry, Geophysics, Geosystems   18   2017年02月

  • Bulk sediment 14C dating in an estuarine environment - How accurate can it be?

    Bryan C. Lougheed, Stephen P. Obrochta, Conny Lenz, Anette Mellström, Brett Metcalfe, Raimund Muscheler, Maja Rinholdsson, Ian Snowball Lovisa Zillén

    Paleoceanography   32   2017年02月

  • MatCal: Open Source Bayesian 14C Age Calibration in Matlab

    Bryan C. Lougheed, Stephen P. Obrochta

    Journal of Open Research Software   4 ( 1 )   2016年11月

  • Segmentation of Coring Images Using Fully Convolutional Neural Networks

    Szilard Fazekas, Stephen P. Obrochta, Tatsuhiko Sato and Akihiro Yamamura

    Proceedings ICITEE 2017   1 - 5   2017年11月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • An age-depth modeling method for improved treatment of uncertainty

    Stephen Obrochta, Bryan C Lougheed, Raimund Muscheler, Yusuke Yokoyama, Yosuke Miyairi

    2010年度日本地球惑星科学連合大会  (千葉県、幕張メッセ) 

    2018年05月
     
     
     

  • 堆積相解析によるグレートバリアリーフの形成年代特定

    三輪 亘、オブラクタ スティーブン、白井 厚太郎、横山 祐典、宮入 陽介、ウェブスター ジョーディー、ハイン アルバート4

    2010年度日本地球惑星科学連合大会  (千葉県、幕張メッセ) 

    2018年05月
     
     
     

  • Mt. Fuji Holocene eruption history reconstructed: eruptions and environmental change

    スティーブン オブラクタ

    UTokyo/ANU Exchange in Tokyo  (東京大学駒場キャンパス) 

    2018年01月
     
     
     

  • Mt.Fuji Holocene eruption history reconstructed from proximal lake sediments and high-density radiocarbon dating

    スティーブン オブラクタ

    Mt.Fuji Holocene eruption history reconstructed from proximal lake sediments and high-density radiocarbon dating  (AORI Paleo10 Symposium) 

    2017年12月
     
     
     

  • 不可能を可能に!:バルト海の最も深い海盆から得られた膨張コアの後期更新世〜完新世年代決定の誤差解明

    Stephen P. Obrochta, Thomas Andrén, Szilárd Z. Fazeka, Bryan C. Lougheed, Ian Snowball, Yusuke Yokoyama, Yosuke Miyairi, Reisuke Kondo, Aarno, T. Kotilainen, Outi Hyttinen, and Annick Fehr

    2017年度日本地球惑星科学連合大会  (千葉県、幕張メッセ) 

    2017年05月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 過去の大規模な気候変動における氷床・海洋・大気の相互作用の解明

    基盤研究(S)

    研究期間:

    2017年04月
    継続中
     

  • 低緯度大気海洋結合度変化による急激な気候変調に関する研究

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2017年04月
    継続中
     

  • Monsoon variability and Holocene sea level in the Nankai Region

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2016年04月
    継続中