基本情報 【 表示 / 非表示

若狭 幸 (ワカサ サチ)

WAKASA Sachi

写真a

所属

大学院国際資源学研究科  資源開発環境学専攻

職名

特任助教

研究室住所

秋田市手形学園町1-1

1-1 Tegatagakuen-machi, Akita

研究分野・キーワード

地形学,環境科学

Geomorphology, Environmental Sciences

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-889-2450 / +81-18-889-2450

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学   第一学群   自然学類   2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  生命環境科学研究科  博士課程  2006年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  博士(理学)

  • 筑波大学 -  修士(理学)

  • 筑波大学 -  学士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    継続中

    秋田大学   国際資源学部   国際資源学科   資源開発環境コース   特任助教  

    2015.01
    -
     

    Akita University   Faculty of International Resource Sciences   Department of International Resource Sciences   Dept. of Earth Resource Engineering and Environmental Science   Specially-appointed Assistant Professor

  • 2013年04月
    2014年12月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   講座等に所属しない職員   職員(技術系)  

    2013.04
    -
    2014.12

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Akita Univ.   Technical Staff

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    2012年09月

      茨城大学   教育学部   非常勤講師

  • 2010年02月
    2013年03月

      筑波大学   生命環境科学系   特任助教

  • 2009年10月
    2010年03月

      茨城大学   大学教育センター   非常勤講師

  • 2009年04月
    2010年03月

      共立女子大学   国際学部   非常勤講師

  • 2009年04月
    2010年03月

      川村学園女子大学   文学部   非常勤講師

全件表示 >>

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    継続中
     

    日本地球惑星科学連合  日本国

  • 2011年04月
    継続中
     

    日本地形学連合  日本国

  • 2011年04月
    継続中
     

    秋田地学教育学会  日本国

  • 2008年04月
    継続中
     

    東北地理学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析 (Environmental dynamic analysis)

  • 地理学 (Geography)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Denudation Rates of Granite Landforms Estimated from Cosmogenic Radionuclide Analysis

     (英語)

    Sachi WAKASA

    2006年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparative Analysis of Waste Material Distribution between Remote Sensing Data and a Geochemical Map

    S. Wakasa, D. Ishiyama, T. Takeda, S. Dordievski, K. Hirose, L. Obradovic, V. Marinkovic, V. Gardic

    13th International Mine Water Association Congress-Mine Water & Circular Economy   2   793 - 800   2017年06月

  • New Approach of Geochemical Maps Based on Chemical Compositions of River Water and Sediments

    Daizo Ishiyama, Hiroshi Kawaraya, Hinako Sato, Sachi Wakasa, Ki-Cheol Shin, Takanori Nakano

    Proceedings of 47th International October Conference on Mining and Metallurgy   7 - 10   2015年10月

  • 秋田県渋黒川-玉川水系における流入する酸性温泉水と河川水の混合過程についてのストロンチウムおよび硫黄同位体比ならびに溶存化学成分を用いた解明

    若狭 幸1*,石山大三1,松葉谷治2,佐藤比奈子1,申 基澈3,中野孝教

    地球化学   49   153 - 161   2015年09月

  • Does lightning destroy rocks?: Results from a laboratory lightning experiment using an impulse high-current generator.

    Wakasa, S., Nishimura, S., Shimizu, H., Matsukura, Y.

    Geomorphology   161-162   110 - 114   2012年08月

  • Design and performance tests of an efficient sample preparation system for AMS-14C dating.

    Sakamoto, M., Wakasa, S., Matsuzaki, H., Koraida, A.

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   268   935 - 939   2010年04月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 地球学シリーズ3 地球学調査・解析の基礎

    上野健一,久田健一郎

    古今書院  2011年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 岩石の物理的風化―実験・観測・自然現象のリンク―

    松岡憲知、藁谷哲也、若狭幸

    地学雑誌 ( 公益社団法人 東京地学協会 )  126 ( 3 ) 369 - 405   2017年06月

  • 原位置宇宙線生成核種を用いた地表面の年代測定―考古学分野への応用の可能性―.

    若狭 幸

    フィッション・トラックニューズレター ( フィッショントラック研究会 )  26   63 - 66   2013年01月

  • グラファイトの作り方―加速器質量分析 (AMS)のための試料調製法―.

    若狭 幸

    文部科学省・科学研究費補助金,学術創成研究,「弥生農耕の起源と東アジア―炭素年代測定による高精度編年体系の構築―」ニューズレター ( 国立歴史民俗博物館 )  6   16 - 17   2006年12月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Comparative Analysis of Waste Material Distribution between Remote Sensing Data and a Geochemical Map

    S. Wakasa, D. Ishiyama, T. Takeda, S. Dordievski, K. Hirose, L. Obradovic, V. Marinkovic, V. Gardic

    13th International Mine Water Association Congress  (Rauha-Lappeenranta, Finland) 

    2017年06月
     
     
     

  • セルビア共和国ボール鉱山周辺の地表面物質分類

    若狭幸、広瀬和世、石山大三

    資源素材学会平成29年度春季大会  (千葉工業大学津田沼キャンパス) 

    2017年03月
     
     
     

  • GIS data sharing system for sustainable resource development in Bor, Serbia.

    S. Nakamura, S. Stojanov, K. Hirose, T. Takeda, S. Wakasa and V.Marinković

    第26回環境地質学シンポジウム  (日本大学) 

    2016年11月
     
     
     

  • An international cooperative research project to Solve environmental problems by integrating multiple disciplines in copper mining areas in Serbia.

    N. Masuda, D. Ishiyama, A.Shibayama, M. Bessho, K. Haga, S. Wakasa, Z. Stevanovic, L. Obradovic, L. Avramovic and R. Marcovic

    Copper 2016  (Kobe, Japan) 

    2016年11月
     
     
     

  • Introduction of current research related environmental analysis and metal recovery in Akita University.

    芳賀一寿, 若狹 幸

    5th international doctoral symposium  (Sapporo, Japan) 

    2016年11月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 女性研究者支援コンソーシアムあきた賞

    2016年10月01日   秋田県女性研究者支援ネット  日本国

    受賞者: 若狭 幸

  • 東北地理学会研究奨励賞 (長谷川賞)

    2009年05月   東北地理学会  日本国

    受賞者: 若狭 幸

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • UAVリモートセンシングによる土砂災害地の即時地質判読

    若手研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    2020年03月
     

  • 海底活断層の活動性解明のための離水岩石海岸地形の露出年代測定

    萌芽研究

    研究期間:

    2015年04月
    2018年03月
     

  • 原位置宇宙線生成核種濃度の定量による花崗岩地形形成プロセスの解明

    特別研究員推奨費

    研究期間:

    2004年04月
    2006年03月
     

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な資源開発実現のための空間環境解析と高度金属回収の融合システム研究

    提供機関:   地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS出産・子育て介護支援制度

    研究期間:

    2017年04月
    継続中
     

  • 持続可能な資源開発実現のための空間環境解析と高度金属回収の融合システム研究

    提供機関:   地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS出産・子育て介護支援制度

    研究期間:

    2016年04月
    2017年03月
     

  • 秋田県における岩石地形の風化・侵食に関する研究

    提供機関:   秋田大学女性研究者支援事業

    研究期間:

    2015年09月
    2016年03月
     

  • 秋田県男鹿半島におけるタフォニ、ナマ、ポットホール地形の分布と分類および風化プロセス、形成速度の解明

    提供機関:   秋田県ジオパーク研究助成金

    研究期間:

    2015年06月
    2016年03月
     

  • 持続可能な資源開発実現のための空間環境解析と高度金属回収の融合システム研究

    提供機関:   地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS出産・子育て介護支援制度

    研究期間:

    2015年05月
    2016年03月
     

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学優秀女性研究者

    2015年12月   秋田大学  

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年11月
     
     

    リモートセンシング・GISに関する初級者向けトレーニング

  • 2015年08月
     
     

    リモートセンシング・GISに関する基礎トレーニング

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年05月
    継続中

    日本地球惑星科学連合   ダイバーシティ推進委員会副委員長

  • 2016年01月
    2016年05月

    日本地球惑星科学連合   ダイバーシティ推進委員

  • 2011年04月
    2015年12月

    日本地球惑星科学連合   男女共同参画委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • DOOR to a RESEARCHER

    2015年11月