基本情報 【 表示 / 非表示

尾髙 雅文 (オダカ マサフミ)

ODAKA Masafumi

写真a

所属

大学院理工学研究科  生命科学専攻  生命科学コース

職名

教授

研究分野・キーワード

生体機能関連化学、ケミカルバイオロジー、タンパク質化学、生物無機化学、構造生物学

Biochemistry, Chemical Biology, Protein Chemistry, Biological Inorganic Chemistry, Structural Biology

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   教育学部   理学科生物学専修   1988年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  総合理工学研究科  修士課程  1990年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(理学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    継続中

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   生命科学専攻   教授  

    2014.10
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Department of Life Science   Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年12月
    2014年09月

      東京農工大学   大学院工学府生命工学専攻   准教授

  • 2003年04月
    2004年03月

      特殊法人 理化学研究所   ライフサイエンス筑波研究センター   ライフサイエンス研究協力員

  • 1994年04月
    2003年11月

      独立行政法人理化学研究所   バイオ工学研究室   研究員

  • 1990年08月
    1993年03月

      財団法人 東京都臨床医学総合研究所   生理活性物質研究部門   研究員

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    継続中
     

    日本分析化学会  日本国

  • 2013年05月
    継続中
     

    日本バイオマテリアル学会  日本国

  • 2011年03月
    継続中
     

    日本生物工学会  日本国

  • 2010年01月
    継続中
     

    生物無機化学会  アメリカ合衆国

    2010.01
    -
     
     

    Society of Biological Inorganic Chemistry  UNITED STATES

  • 2005年04月
    継続中
     

    酵素工学研究会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料化学 (Nanomaterials chemistry)

  • 生物機能・バイオプロセス (Biofunction/Bioprocess)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • クロロエテン受容体の構造機能解析とクロロエテンセンサーへの応用

    研究期間:

    2011年04月
    2013年03月

  • ニトリル水和酵素の触媒機構解明

    研究期間:

    2003年04月
    継続中

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 好熱性細菌F1-ATPaseの機能-ATP結合部位の解析-

     (日本語)

    尾高雅文

    1994年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • NADH oxidase and alkyl hydroperoxide reductase subunit C (peroxiredoxin) from Amphibacillus xylanus form an oligomeric assembly

    Arai T, Kimata S, Mochizuki D, Hara K, Zako T, Odaka M, Yohda M, Arisaka F, Kanamaru S, Matsumoto T, Yajima S, Sato J, Kawasaki S, Niimura Y.

    FEBS Open Bio   5   124 - 131   2015年02月

  • Packaging guest proteins into the encapsulin nanocompartment from

    Tamura A., Fukutani Y., Takami T., Fujii M., Nakaguchi Y., Murakami Y., Noguchi K., Yohda Y., and Odaka M.

    Biotechnology and Bioengineering   112 ( 1 )   13 - 20   2015年01月

  • Expression, purification, crystallization and preliminary crystallographic analysis of hepatitis B virus core protein dimerized via a peptide linker containing an EGFP insertion

    Kikuchi M., Iwabuchi S., Kikkou T., Noguchi K., Odaka M., Yohda M., Kawata M., Sato C., and Matsumoto O.

    Acta Crystallographica. Section F, Structural Biology Communications   69 ( 8 )   942 - 945   2013年08月

  • Two arginine residues in the substrate pocket predominantly control the substrate selectivity of thiocyanate hydrolase

    Yamanaka Y., Arakawa T., Watanabe T., Namima S., Sato M., Hori S., Ohtaki A., Noguchi K., Katayama Y., Yohda M., and Odaka M.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   116 ( 1 )   22 - 27   2013年07月

  • Carbonyl sulfide hydrolase from Thiobacillus thioparus strain THI115 is one of the β-carbonic anhydrase family enzymes

    Ogawa T., Noguchi K., Saito M., Nagahata Y., Kato H., Ohtaki A., Nakayama H., Dohmae N., Matsushita Y., Odaka M., Yohda M., Nyunoya H., and Katayama Y.

    Journal of American Chemical Society   135 ( 10 )   3818 - 3825   2013年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Cobalt proteins, Overview, eds. Kretsinger R. H., Uversky V.N., and Permyakov E.A., “Encyclopedia of Metalloproteins”

    Odaka M. and Kobayashi M.

    Springer出版  2013年03月

  • Nitrile hydratase and related enzyme, eds. Kretsinger R. H., Uversky V.N., and Permyakov E.A., “Encyclopedia of Metalloproteins”

    Odaka M. and Kobayashi M.

    Springer出版  2013年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 光散乱法によるタンパク質の絶対分子量と複合体形成の解析

    尾高雅文

    日本生物工学会誌 特集「タンパク質間相互作用研究を定量的に解析する手法の新展開」 ( 日本生物工学会 )  89 ( 7 ) 398 - 400   2011年07月

  • 二トリルヒドラターゼの反応機構の解明 ―時間分割X線結晶構造解析による取り組み―

    尾高雅文,養王田正文,橋本浩一

    酵素工学ニュース ( 酵素工学研究会 )  ( 62 ) 14 - 19   2009年10月

  • アクリルアミド生産に使われる酵素反応の謎 ―ニトリルヒドラターゼの反応機構の解明―

    尾高雅文,養王田正文,橋本浩一

    現代化学 ( 東京化学同人 )  ( 458 ) 51 - 58   2009年05月

  • ニトリルヒドラターゼに見る特異な金属錯体の構造と機能

    尾高雅文

    日本化学会生体機能関連部会NEWS LETTER ( 日本化学会 )  20 ( 2 ) 10 - 13   2005年08月

  • What evidences were elucidated about photoreactive nitrile hydratase?

    Endo I. and Odaka M.

    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic ( Elsevier )  10 ( 1-3 ) 81 - 86   2000年10月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 先端の構造解析技術を駆使したニトリル水和酵素ファミリーの触媒機構と成熟化

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2012年04月
    2015年03月
     

  • 効率的除去を目指した新奇硫化カルボニル分解酵素の高機能化

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2011年04月
    2014年03月
     

  • クロロエテン類センサーキナーゼの構造・機能解明とバイオレメディエーションへの応用

    萌芽研究

    研究期間:

    2011年04月
    2013年03月
     

  • ニトリルヒドラターゼファミリー酵素の触媒中心形成と触媒機構の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月
     

  • チオシアネート加水分解酵素コバルト反応中心の機能と形成の分子機構

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2007年04月
    2009年03月
     

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 時間分割構造解析に基づくニトリルヒドラターゼ触媒反応機構の解明

    提供機関:   長瀬科学技術振興財団研究助成金

    研究期間:

    2009年04月
    2010年03月
     

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 酵素のキャラクタリゼーション

    研究期間:

    2009年04月
    2010年03月