基本情報 【 表示 / 非表示

西島 和俊 (ニシジマ カズトシ)

NISHIJIMA Kazutoshi

写真a

所属

バイオサイエンス教育・研究サポートセンター

職名

准教授

研究分野・キーワード

基礎獣医学、実験動物学、代謝異常

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学   農学部   獣医学科   2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  連合獣医学研究科  博士課程  2004年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学 -  博士(獣医学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   バイオサイエンス教育・研究サポートセンター   動物実験部門   准教授  

    2016.04
    -
     

    Akita University   Bioscience Education and Research Support Center   Animal Research Division   Associate Professor

  • 2014年08月
    2016年03月

    秋田大学   バイオサイエンス教育・研究センター   准教授  

    2014.08
    -
    2016.03

    Akita University   Bioscience Education and Research Center   Associate Professor

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 獣医学 (Veterinary medical science)

  • 病態医化学 (Pathological medical chemistry)

  • 実験動物学 (Laboratory animal science)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 獣医師 (Veterinarian)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ラット喉頭における炭酸ガス受容の求心性経路

     (英語)

    西島和俊

    2004年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of type III antifreeze protein on sperm and embryo cryopreservation in rabbit.

    Nishijima K, Tanaka M, Sakai Y, Koshimoto C, Morimoto M, Watanabe T, Fan J, Kitajima S

    Cryobiology   69 ( 1 )   22 - 25   2014年08月

  • Effects of cholesterol-loaded cyclodextrins on the rate and the quality of motility in frozen and thawed rabbit sperm.

    Nishijima K, Yamaguchi S, Tanaka M, Sakai Y, Koshimoto C, Morimoto M, Watanabe T, Fan J, Kitajima S

    Experimental animals   63 ( 2 )   149 - 154   2014年04月

  • Validity of doubly labeled water in obese subjects: Questioning the validity of any technique requires an undisputable accuracy of the reference method.

    3. Yamada Y, Blanc S, Nishida Y, Nishijima K, Ebine N, Shriver T, Schoeller DA

    American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   305 ( 9 )   E1178 - E1180   2013年11月

  • Populations of follicles in F344/N rats during aging.

    Nishijima K, Kuwahara S, Ohno T, Tanaka S, Kitajima S

    Reproductive biology   2013年06月

  • Human apolipoprotein A-II protects against diet-induced atherosclerosis in transgenic rabbits.

    Wang Y, Niimi M, Nishijima K, Waqar A, Yu Y, Koike T, Kitajima S, Liu E, Inoue T, Kohashi M, Keyamura Y, Yoshikawa T, Zhang J, Ma L, Zha X, Watanabe T, Asada Y, Chen E, Fan J

    Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   33 ( 2 )   224 - 231   2013年02月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Basic methods for experimental rabbits.

    Nishijima K

    Springer  2009年05月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 脂質代謝・動脈硬化研究におけるウサギの有用性―ヒトapoA-IIトランスジェニックウサギの開発と応用―

    小池智也、北嶋修司、西島和俊、渡辺照男、塩見雅志、範江林

    関西実験動物研究会会報 ( 関西実験動物研究会 )  35   67 - 73   2012年12月

  • ウサギ精子・胚の凍結保存とバイオリソース

    北嶋修司、西島和俊

    アニッテクス ( (株)研成社 )  22 ( 3 ) 32 - 37   2010年05月

  • 医学研究における遺伝子改変ウサギの応用とその展望

    範江林、小池智也、西島和俊、北嶋修司

    アニッテクス ( (株)研成社 )  22 ( 3 ) 11 - 15   2010年05月

  • F344/N備考.

    田中愼、西島和俊、大野民生、宮石理

    基礎老化研究 ( 日本基礎老化学会 )  31 ( 1 ) 11 - 20   2007年02月