基本情報 【 表示 / 非表示

平田 未季 (ヒラタ ミキ)

HIRATA Miki

写真a

所属

国際交流センター

職名

助教

研究室住所

秋田県秋田市手形学園町1-1 秋田大学国際交流センター

研究分野・キーワード

語用論,認知言語学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-889-3023

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学   文学部   言語情報学講座   2003年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  国際関係学研究科  言語習得論  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  国際広報メディア

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    継続中

    秋田大学   国際交流センター   助教  

    2014.04
    -
     

    Akita University   International Exchange Center   Assistant Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    継続中
     

    国際語用論学会 ( International Pragmatics Association (IPrA))  ベルギー王国

  • 2016年10月
    継続中
     

    アメリカ言語学会 (Linguistic Society of America)  アメリカ合衆国

  • 2016年04月
    継続中
     

    社会言語科学会  日本国

  • 2010年04月
    継続中
     

    認知言語学会  日本国

  • 2008年04月
    継続中
     

    語用論学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 言語学 (Linguistics)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 注意概念と推意理論を用いた日本語指示詞の統一的分析

     (日本語)

    平田未季

    2015年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 共同注意確立過程における話し手による指示詞の質的素性の選択

    平田未季

    語用論研究   ( 18 )   28 - 47   2017年03月

  • The addressee's attention and addressee-anchored proximity: The semantics of the Japanese demonstrative middle term so-.

    HIRATA, Miki

    秋田大学国際交流センター紀要   ( 6 )   1 - 22   2017年03月

  • 共同注意確立活動におけるア系の有標性―会話分析の手法を用いた指示詞分析の一例―

    平田未季,山本真理

    日本認知言語学会論文集   16   228 - 240   2016年05月

  • 地域住民と留学生の協働による地域文化保存の試み

    平田未季

    秋田大学国際交流センター紀要   ( 5 )   25 - 42   2016年03月

  • コ系の意味の再分析―指示詞体系における新たな最小の意味的対立―

    平田未季

    国立国語研究所論集   ( 10 )   19 - 39   2016年01月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 「注釈挿入」における復帰時の照応表現の選択

    平田未季

    日本認知言語学会第17回大会  (明治大学) 

    2016年09月
     
     
     

  • 現潟上市豊川地区における文化誌作成プロジェクト―留学生と地域住民の交流を通した地域活性化の試み―

    平田未季

    第1回秋田日本語教育研究会「地域との連携」  (国際教養大学) 

    2016年02月
     
     
     

  • 文化誌作成プロジェクトを通した地域の歴史の保存―留学生と地域住民の交流を通した地域活性化の試み―

    平田未季

    NINJAL国際シンポジウム  (国立国語研究所) 

    2016年01月
     
     
     

  • 共同注意確立活動におけるア系の有標性―会話分析の手法を用いた指示詞分析の一例―

    平田未季,山本真理

    日本認知言語学会第16回大会  (同志社大学) 

    2015年09月
     
     
     

  • 共同注意の確立過程における聞き手の負荷と話し手による指示詞の質的素性の選択

    平田未季

    日本言語学会第150回大会  (大東文化大学) 

    2015年06月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本言語学会大会発表賞

    2015年07月   日本言語学会  日本国

    受賞者: 平田未季

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 共同注意確立活動における指示表現の選択と対話相手の注意の調整

    若手研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    2018年03月
     

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 日本語を母語あるいは第二言語とする者による相互行為に関する総合的研究

    提供機関: 大学共同利用機関国立国語研究所領域指定型共同研究プロジェクト(領域指定型)

    研究期間:

    2011年10月
    2014年09月
     

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    社会言語科学会   研究大会委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 秋田ゾンタクラブ

    2017年03月
     
     

  • 秋田ユネスコ協会

    2017年01月