基本情報 【 表示 / 非表示

縄田 浩志 (ナワタ ヒロシ)

NAWATA Hiroshi

写真a

所属

大学院国際資源学研究科

職名

教授

研究室住所

秋田県秋田市手形学園町1-1 国際資源学部1号館教員室9

1-1 Tegata-Gakuenmachi, Akita 010-8502, Japan

研究分野・キーワード

資源管理学, 地域研究(中東・アフリカ), 文化人類学, 乾燥地研究, 社会生態学, 環境影響評価, 村落開発, 人間・家畜関係論

Resource Management, Area Studies (Middle East and Africa), Cultural Anthropology, Arid Land Studies, Social Ecology, Environmental Impact Assessment, Rural Development, Human-Livestock Interactions

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.rpm.akita-u.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   第一文学部   史学科東洋史専攻   1992年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院  人間・環境学研究科  文化・地域環境学専攻文化人類学講座  博士課程  2003年03月  修了

  • 京都大学大学院  人間・環境学研究科  文化・地域環境学専攻文化人類学講座  修士課程  1997年03月  修了

  • ハルトゥーム大学  アフリカ・アジア研究所  民俗学科ディプロマ課程  修士課程  1994年01月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院人間・環境学研究科 -  博士(人間・環境学)

  • 京都大学大学院人間・環境学研究科 -  修士(人間・環境学)

  • ハルトゥーム大学 -  ディプロマ(民俗学)

  • 早稲田大学 -  学士(文学)

留学履歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年08月
    1994年01月

    ハルトゥーム大学アフリカ・アジア研究所民俗学科   ディプロマ課程

  • 1989年09月
    1990年08月

    ベロイト大学   早稲田大学国際学部第24期派遣交換留学生として

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

    秋田大学   大学院国際資源学研究科   資源開発環境学専攻   資源管理学講座   教授  

    2016.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of International Resource Sciences   Department of Earth Resource Engineering and Environmental Science   Field of Resource Management   Professor

  • 2014年04月
    2016年03月

    秋田大学   国際資源学部   資源政策コース   教授  

    2014.04
    -
    2016.03

    Akita University   Faculty of International Resource Sciences   Department of Resource Policy and Management   Professor

  • 2013年10月
    2014年03月

    秋田大学   新学部創設準備担当   教授  

    2013.10
    -
    2014.03

    Akita University   Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    継続中

      国立民族学博物館   先端人類科学研究部   特別客員教授

    2016.04
    -
     

      National Museum of Ethnology   Department of Advanced Studies in Anthropology   Special Visiting Professor

  • 2013年10月
    2017年03月

      総合地球環境学研究所   研究部   客員教授

    2013.10
    -
    2017.03

      Research Institute for Humanity and Nature   Research Division   Visiting Professor

  • 2010年08月
    2013年03月

      名古屋大学大学院   環境学研究科   客員准教授

    2010.08
    -
    2013.03

      Nagoya University   Graduate School of Environmental Studies   Visiting Associate Professor

  • 2008年01月
    2013年09月

      総合地球環境学研究所   研究部   准教授

    2008.01
    -
    2013.09

      Research Institute for Humanity and Nature   Research Division   Associate Professor

  • 2007年11月
    2007年12月

      鳥取大学   乾燥地研究センター   准教授

    2007.11
    -
    2007.12

      Tottori University   Arid Land Research Center   Associate Professor

全件表示 >>

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2014年02月
    継続中
     

    片倉もとこ記念沙漠文化財団  日本国

  • 2012年02月
     
     
     

    ユネスコ「カナートと歴史的水利構造物の国際研究センター国際会議「水資源管理のための伝統的知識」国際科学委員会/宣言文作成タスクフォース委員会  イラン・イスラム共和国

    2012.02
     
     
     

    International Scientific Committee/ Conference Declaration Task Force Committee, International Conference on Traditional Knowledge for Water Resources Management, UNESCO Category II Center, International Center on Qanats and Historic Hydraulic Structures, Yazd, Iran  IRAN ISLAMIC REPUBLIC OF

  • 2007年06月
    継続中
     

    IPOGEA伝統知/在来知研究センター「国際伝統的知識ネットワーク」  イタリア共和国

    2007.06
    -
     
     

    International Traditional Knowledge Network of Experts (ITKNET), IPOGEA Research Center on Traditional and Local Knowledge  ITALY

  • 2005年04月
    継続中
     

    日本中東学会  日本国

  • 2005年03月
    継続中
     

    国連砂漠化対処条約  ドイツ連邦共和国

    2005.03
    -
     
     

    United Nations Convention to Combat Desertification (UNCCD)  GERMANY

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域研究:西アジア・中央アジア、アフリカ、援助・地域協力 (Area Studies: West Asia/Central Asia, Africa, Development and Aid/Regional Cooperation)

  • 文化人類学:生態・環境 (Cultural Anthropology: Ecology/Environment)

  • 環境解析学:環境影響評価 (Environment Analysis: Environmental Impact Assessment)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 乾燥熱帯の沿岸域における人間・ヒトコブラクダ関係の人類学的研究—スーダン東部,紅海沿岸ベジャ族における事例分析から—

     (日本語)

    縄田浩志

    2003年03月   単著

    文化人類学・民俗学 地域研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Indigenous beliefs and divine conceptions of Red Sea black coral: A case study of the traditional fishery, Sinai Peninsula, Egypt

    Nawata, Hiroshi

    Proceedings of the 13th International Coral Reef Symposium, Honolulu   422 - 439   2016年12月

  • Branch Morphology of a Mangrove (Avicennia marina (Forsk.) Vierh) Growing in a Per-Arid Area on the Egyptian Red Sea Coast Regulates Water Use of Its Leaves

    Matsuo, Naoko, Ryo Banjo, Tomohiro Teraminami, Abdelwahab Afefe, Amgad El-Shaffai, Atsushi Nakashima, Hiroshi Nawata, and Ken Yoshikawa

    Journal of Arid Land Studies   26 ( 3 )   91 - 94   2016年12月

  • Monitoring of Stem Water Content of Native and Invasive Trees in Arid Environments Using GS3 Soil Moisture Sensors

    Saito, T., H. Yasuda, M. Sakurai, K. Acharya, S. Sueki, K. Inosako, K. Yoda, H. Fujimaki, M. A. M. AbdElbasit, A. M. Eldoma, H. Nawata

    Vadose Zone Journal   15 ( 3 )   1 - 9   2016年03月

  • Evaluation of the ecological role of seed gum in germination of Prosopis juliflora (mesquite) under drought stress conditions

    Yoda Kiyotsugu., Ryo Miyawaki, Tadaomi Saito, Mohamed Elbasit, Ahmed Eldoma, Tomoe Inoue, Hiroshi Nawata, Hiroshi Yasuda and Wataru Tsuji

    Journal of Arid Land Studies   25 ( 3 )   113 - 116   2015年12月

  • Understanding Dilemma and Sophism of Prosopis juliflora Eradication in Sudan

    Suliman, M., H. Nawata, B. Hoshino, I. M. Fangama

    International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences   8   10 - 16   2015年04月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Human Resources and Engineering in the Post-oil Era: A Search for Viable Future Societies in Japan and Oil-rich Countries of the Middle East (Nawata, H. ed.)

    Nawata, Hiroshi “Preface”, “Introduction: A Search for Viable Future Societies in the Post-oil Era” “Vision for Human Culture from the Perspective of the Apex of the Oil Civilization” “Ways of Living with Futurability, even in the Absence of Oil” (in English and Arabic)

    Shoukadoh Shoten  2015年12月

  • 実践と感情―開発人類学の新展開―(関根久雄編)

    縄田浩志「村入りで感情的になる―現地調査の流儀をめぐって」

    春風社  2015年09月

  • アラブのなりわい生態系第5巻 サンゴ礁(西本真一・縄田浩志編)

    縄田浩志「紅海産黒サンゴの生態・採取・加工―イスラームの数珠がつなぐ自然と文化」「サンゴ礁地形と潮汐条件との関係から見た隆起サンゴ礁島へのアクセスと資源利用の形態」「なりわい生態系としてのサンゴ礁―棲み込み連鎖の一員としての人間をめぐって」:縄田浩志・西本真一「乾燥地のサンゴ礁とサンゴ利用」:西本真一・縄田浩志ほか「サンゴ造建築の保存修復技術」

    臨川書店  2015年03月

  • アラブのなりわい生態系第7巻 ジュゴン(市川光太郎・縄田浩志編)

    縄田浩志「テチス海の海辺を舞台とした水生哺乳類の進化:エジプト西部沙漠で思いをはせる」「乾燥熱帯沿岸域におけるジュゴン利用の歴史と命名のヴァリエーション」「海洋哺乳動物名にみる家畜観:ジュゴンは「海の成雌ウシ」,イルカは「海の成雌ラクダ」」「アラブの秘宝館:カーイト・バーイ要塞の海洋生物博物館におけるジュゴン展示」;縄田浩志・市川光太郎「ジュゴンとなりわい生態系:沿岸域の環境影響評価の視点から」

    臨川書店  2014年07月

  • 砂漠誌―人間・動物・植物が水を分かち合う知恵―(縄田浩志・篠田謙一編)

    縄田浩志「本書の構成」「乾燥熱帯沿岸域:初期人類にとっての安定的な避難地を考える」「乾燥地における水分摂取の技術」「砂漠への適応の技術」「砂塵嵐ハブーブ:アフリカ熱帯内収束帯(ITCZ)の動きと降雨」「ヒルギダマシ林分面積の増減とヒトコブラクダの採食圧の関係」「ナツメヤシの栄養繁殖と人工授粉:砂漠への居住拡大の技法として」「ナツメヤシ種子の部位名称と生長段階の分類」「ドルカスガゼルの生態と狩猟」「ヒトコブラクダとの多面的なかかわり」「フンコロガシの生態と糞の利用」「石つぶてを投げて鳥を追い払う篤農家」「野生動植物利用と養蜂:アラビア半島の高地ビャクシン林にて」「海辺のヒトコブラクダ牧畜と資源パッチへのアクセス性」「稀少な資源を分かち合う知恵:砂漠の民に学ぶ」「現地住民は干ばつにどうやって対処してきたか:雨乞い儀礼にみる生態的・社会的・文化的・詩宗教的応答」「砂漠化対処が生んだ「負の遺産」を乗り越えるには:異業種・異分野連携による総合科学と伝統的知識の融合」「砂漠の子ども達:仕事の流儀,伝統の発展」「砂漠誌:これからの砂漠研究を切り拓くために」:縄田浩志ほか「まえがき」「素焼きの大型水壺の気化熱効果実験」

    東海大学出版部  2014年04月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「スーダン共和国」

    縄田浩志

    中牧弘允編『世界の歴文化事典』, pp. 296–299 ( 丸善出版 )    2017年11月

  • 「スーダンの女性性器変工―性と香の文化からの視点」

    縄田浩志

    新版アフリカを知る事典(小田英郎, 川田順造, 伊谷純一郎, 田中二郎, 米山俊直監修編) ( 平凡社 )    2010年11月

  • 「イスラームと自然保護区管理―アラビア半島の資源管理方法の復権」

    縄田浩志

    総合地球環境学事典(総合地球環境学研究所編) ( 弘文堂 )    2010年10月

  • 「干ばつ」「漁撈・漁業」「乾燥地の観光開発」「ラクダ・レースとアラブ社会」「ヒトと家畜のインターラクション」「挨拶と人づきあい」「『月の沙漠』とラクダ」「『星の王子さま』」「探検記『さまよえる湖』と『サハラに死す』」「黄土高原と沙漠化」「退耕還林・還草政策」「イスラームと伝統的な環境資源管理」「ビャクシン林の保全」「技術移転・開発政策の見直しと伝統的知識の応用」「沙漠化対処の負の遺産への対処法」

    縄田浩志

    沙漠の事典(日本沙漠学会編) ( 丸善 )    2009年07月

  • 「ロビン・フォックス『人類学の挑戦』」「福井勝義『認識と文化』」「フラン・ホスケン『女子割礼』」「アマン『裸のアマン』」「福井勝義・谷泰編『牧畜文化の原像』」「「女子割礼」に関する論争」

    縄田浩志

    文化人類学文献事典(小松和彦, 田中雅一, 谷泰, 原毅彦, 渡辺公三編) ( 弘文堂 )    2004年12月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Methods for Selecting and Processing Red Sea Black Coral into Muslim Prayer Beads in Cairo, Egypt

    Hiroshi NAWATA

    Commission on the Middle East “Continuity and Change: Diaspora, Religion, Kingship, Food, Art and Architecture”  (Institute of Ethnology and Cultural Anthropology, Jagiellonian University, Krakow, Poland) 

    2017年08月
     
     
     

  • Humans and One-humped Camels Relationships in Arid Tropical Mangrove Ecosystems

    Hiroshi NAWATA

    International Symposium on Society and Resource Management (ISSRM) “Contested Spaces: Bridging Protection and Development in a Globalizing World”  (Umeå University, Umeå, Sweden) 

    2017年06月
     
     
     

  • Indigenous Classification and Utilization of the Red Sea Black Coral

    Nawata, Hiroshi

    13th International Coral Reef Symposium  (Honolulu, Hawaii USA) 

    2016年06月
     
     
     

  • Vision for Human Culture from the Perspective of the Apex of the Oil Civilization: Ways of Living with Futurability, even in the Absence of Oil.

    Nawata, Hiroshi

    A German-Japanese Colloquium “Knowledge Transfer across Borders: Integrative Approaches”  (Göttingen, Germany) 

    2015年01月
     
     
     

  • How does Japanese people image and understand deserts: Based on questionnaire survey results at National Museum of Nature and Science, Tokyo.

    Nawata, Hiroshi

    Second International Conference on Arid Land Studies (ICAL2)”Innovations for sustainability and food security in arid and semi arid areas”  (Samarkand, Uzbekistan) 

    2014年09月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 大同生命地域研究奨励賞

    2015年07月24日   公益財団法人大同生命国際文化基金  日本国

    受賞者: 縄田浩志「中東・北東アフリカにおける未来志向型の地域研究とアラビア語による出版を通じた研究資源の共有化」

  • 日本沙漠学会奨励賞

    2003年05月   日本沙漠学会  日本国

    受賞者: 縄田浩志

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「半世紀に及ぶアラビア半島とサハラ沙漠オアシスの社会的紐帯の変化に関する実証的研究」

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    継続中
     

    本研究の目的は、サハラ沙漠とアラビア半島のオアシスでおよそ半世紀前から、日本の地理学者・文化人類学者が実施した現地収集資料と研究内容を発展的に継承することにより、現代の社会的紐帯を土地利用、生業形態、資源管理法、物質文化との関係から把握して、ミクロレベルとマクロレベルの相互作用を明らかにし「弱い社会的紐帯の強さ」を実証的に検証することである。
    学術的な特色と社会的な意義は、社会的紐帯に関する理論的・実証的研究を、現地住民との共同作業を通じて推進していくことにより、1)研究成果の英語・仏語・アラビア語による出版、2)理論的考察に基づく社会開発への提言、3)展示活動を通じた研究成果の現地社会への還元という形で、実践としても「弱い社会的紐帯」を強める社会実装を目指していくことにある。

  • 「中国・黄土高原における1940年代以降の土地被覆・土地利用・地形改変の復原研究」(研究分担者)

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2015年04月
    継続中
     

    中国・黄土高原における土地利用変化について現地調査と文献調査から総合的な把握を行っている。

  • Human Resource and Engineering in the Post-Oil Era

    研究成果公開促進費・学術図書

    研究期間:

    2015年04月
    2016年03月
     

    本書は、石油依存型の生活に慣れきった日本と石油輸出以外の産業を十分に育ててこなかった中東・アフリカの産油国の未来像を求めて、「ポスト石油時代」の人づくりとモノづくりの課題について論じた著作である。また本書は、英語・アラビア語の多言語で出版することに特徴がある。

  • 「アフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明の歴史生態人類学研究」(研究分担者)

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2014年04月
    2016年03月
     

    乾燥地文明におけるヒトコブラクダの役割を研究している。

  • 「西アジア・アフリカ乾燥地における外来移入植物種メスキートの統合的管理法の研究」(研究代表者)

    基盤研究(A)

    研究期間:

    2013年04月
    2017年03月
     

    西アジア・アフリカ地域において人びとの生活基盤崩壊を引き起こした外来移入植物種メスキート(マメ科プロソピス)の統合的管理法を開発し、地域住民との研究資源共有に基づいて、砂漠化対処の「負の遺産」への対処法を提示することを目的としている。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中東地域の環境問題と多元的資源観

    提供機関:   人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業

    研究期間:

    2016年04月
    継続中
     

  • 「アラブ社会におけるなりわい生態系の研究:ポスト石油時代に向けて」プロジェクトリーダー(研究代表者)

    提供機関:   総合地球環境学研究所本研究

    研究期間:

    2009年04月
    2013年09月
     

  • 「根寄生雑草克服によるスーダン乾燥地農業開発」(研究分担者)

    提供機関:   科学技術振興機構地球規模課題対応国際科学技術協力事業

    研究期間:

    2009年04月
    2012年03月
     

  • 「黄土高原における退耕還林政策と社会開発に関する研究」(2008)「黄土高原の社会開発に関する研究」(2009~2010)「黄土高原の農村レベルにおける開発効果検証方法の研究」(2011~2012)(研究代表者)

    提供機関:   鳥取大学乾燥地研究センター共同利用研究

    研究期間:

    2008年04月
    2013年03月
     

  • 「アラブ社会におけるサブシステンス生態系の研究:生活基盤回復のために」プロジェクトリーダー(研究代表者)

    提供機関:   総合地球環境学研究所一般共同研究・予備研究・プレリサーチ

    研究期間:

    2006年04月
    2009年03月
     

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 農業・生計向上分野(とくに雑草管理)における行政サービス向上のための専門的知識の供与

    提供機関: 国際協力機構(JICA)「スーダン国カッサラ州基本行政サービス向上による復興支援」プロジェクト

    研究期間:

    2011年04月
    2014年03月
     

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 国立民族学博物館共同研究「物質文化から見るアフロ・ユーラシア沙漠社会の移動戦略に関する比較研究」(研究代表者)

    提供機関: 国立民族学博物館

    研究期間:

    2016年10月
    継続中
     

  • 鳥取大学乾燥地研究センター共同利用研究「スーダン東部半乾燥地における降水量の経年季節変動に対応した天水農耕システムの研究」(共同研究員)

    研究期間:

    2013年04月
    2015年03月
     

  • 京都大学地域研究統合情報センター共同研究「異宗教・異民族間コミュニケーションにおける共生の枠組と地域の複相性に関する比較研究」(共同研究員)

    研究期間:

    2012年04月
    2013年03月
     

  • 国立民族学博物館共同研究「梅棹忠夫モンゴル研究資料の学術利用」(共同利用研究員)

    研究期間:

    2011年10月
    2014年03月
     

  • 国立民族学博物館共同研究「実践と感情―開発人類学の新展開」(共同利用研究員)

    研究期間:

    2011年10月
    2014年03月
     

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    2013年03月

    国際協力機構(JICA)「スーダン国カッサラ州基本行政サービス向上による復興支援プロジェクト」短期派遣専門家:スーダン東部カッサラ州において農村開発・農村組織・雑草管理にかかる技術指導  実務の経験を有する者についての特記事項

  • 1999年04月
    2000年03月

    国際協力機構(JICA)「サウディ・アラビア考古学調査プロジェクト」短期派遣専門家:サウディ・アラビア紅海沿岸地域において文化人類学にかかる技術指導  実務の経験を有する者についての特記事項

  • 1997年04月
    1998年03月

    国際協力事業団(JICA)日本・サウディ研究協力「山地ビャクシン森林保全」短期派遣専門家:サウディ・アラビア西南部アスィール山地において森林保全(社会的重要性)にかかる技術指導  実務の経験を有する者についての特記事項

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度  応用資源管理学

    2017年04月
    継続中

     専任

  • 2017年度  資源管理学

    2017年04月
    継続中

     専任

  • 2017年度  国際資源外交史

    2017年04月
    継続中

     専任

  • 2016年度  応用資源地域研究(イスラム社会史)

    2016年04月
    継続中

     専任

  • 2016年度  資源開発と人権問題

    2016年04月
    継続中

     専任

全件表示 >>

FD・教育改善等 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度全学FD・SDワークショップ「授業時間外の学修を促す教養教育」   教育推進総合センター  

    2016年08月
     
     

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年02月
     
     

    長崎大学環境科学部平成27年度入学試験「総合問題」に縄田浩志「石油文明の頂点から考える」(石山俊・縄田浩志編『ポスト石油時代の人づくり・モノづくり』所収)が使用

  • 2008年03月
     
     

    フィールドワーク入門の本の分担執筆(はじまりとしてのフィールドワーク(李仁子, 金谷美和, 佐藤知久編)、昭和堂)

  • 2005年09月
     
     

    異文化理解教育方法の実践研究(教室における異文化ショックの疑似体系の試み―スーダン東部ベジャ族の憑依儀礼ザールのビデオを用いて、Journal of Policy Studies、20巻 pp.89-116)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
    継続中

    片倉もとこ記念沙漠文化財団   代表理事

  • 2015年03月
    継続中

    日本沙漠学会   沙漠誌分科会会長

  • 2014年02月
    継続中

    片倉もとこ記念沙漠文化財団   理事

  • 2012年04月
    2015年03月

    日本沙漠学会   沙漠誌分科会事務局長

  • 2012年02月
     
     

    ユネスコ「カナートと歴史的水利構造物の国際研究センター国際会議「水資源管理のための伝統的知識」国際科学委員会/宣言文作成タスクフォース委員会   国際科学委員/宣言文作成タスクフォース委員

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 2015年度日本沙漠学会第26回学術大会(25周年記念大会)公開シンポジウム「意外につながっている!秋田と沙漠」

    2015年05月
     
     

  • 平成26年度高大連携授業「砂漠を生き抜く人間・動物・植物の知恵」

    2014年11月
    2014年12月

  • 特別授業「砂漠を生き抜く人間・動物・植物の知恵」

    2014年07月
    継続中

  • 企画展「砂漠を生き抜く―人間・動物・植物の知恵」(国立科学博物館・総合地球環境学研究所共催)

    2013年11月
    2014年02月

  • 国際協力人材赴任前研修「スーダン国概要」「スーダン・南スーダン国概要」

    2010年04月
    継続中

全件表示 >>