基本情報 【 表示 / 非表示

清野 秀岳 (セイノ ヒデタケ)

SEINO Hidetake

写真a

所属

教育文化学部  学校教育課程  英語・理数教育講座  理数教育コース

職名

准教授

研究室住所

教育文化学部3号館214室

Room 214, 3rd Bld., Faculty of Education and Human Studies

研究分野・キーワード

有機金属化学

Organometallic chemistry

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   工学部   工業化学科   1992年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学系研究科  化学生命工学専攻  博士課程  1997年03月  修了

  • 東京大学  工学系研究科  合成化学専攻  修士課程  1994年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    継続中

    秋田大学   ■廃止組織■   自然環境講座   准教授  

    2013.04
    -
     

    Akita University   Abolished organization   Program in Environmental and Mathematical Science   Associate Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月
    継続中
     

    高分子学会  日本国

    2012.09
    -
     
     

    The Society of Polymer Science, Japan  JAPAN

  • 2011年06月
    継続中
     

    錯体化学会  日本国

    2011.06
    -
     
     

    Japan Society of Coordination Chemistry  JAPAN

  • 2011年05月
    継続中
     

    アメリカ化学会  アメリカ合衆国

    2011.05
    -
     
     

    American Chemical Society  UNITED STATES

  • 2005年01月
    継続中
     

    近畿化学協会  日本国

    2005.01
    -
     
     

    The Kinki Chemical Society, Japan  JAPAN

  • 2001年08月
    継続中
     

    触媒学会  日本国

    2001.08
    -
     
     

    Catalysis Society of Japan  JAPAN

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 合成化学 (Synthetic chemistry)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 金属酵素をモデルとする触媒反応

    研究期間:

    2004年04月
    継続中

  • 遷移金属−硫黄クラスターによる窒素分子の活性化

    研究期間:

    2001年04月
    継続中

  • 低原子価前周期遷移金属−多座ホスフィン錯体による小分子変換

    研究期間:

    1998年04月
    継続中

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of Organo-Nitrogen Compounds from Molecular Dinitrogen

     (英語)

    Hidetake Seino

    1997年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Reversible Hydride Transfer to N,N'‑Diarylimidazolinium Cations from Hydrogen Catalyzed by Transition Metal Complexes Mimicking the Reaction of [Fe]-Hydrogenase

    Masahiro Hatazawa, Naoko Yoshie, and Hidetake Seino

    Inorganic Chemistry   56 ( 14 )   8087 - 8099   2017年06月

  • Structural determination, DFT calculation, and formation mechanism of ethyl 2-cyano-3-alkoxypent-2-enoates synthesized via Ru-mediated coupling reaction between α,β-unsaturated acetals and cyanoacetate

    Hidetake Seino, Takumi Kondo, Chihiro Mochizuki, Ken Tokunaga, Motowo Yamaguchi, Mitsunobu Sato

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   90 ( 1 )   79 - 87   2017年01月

  • N-Heterocyclic carbenes as supporting ligands in transition metal complexes of N2

    Yasuhiro Ohki, Hidetake Seino

    Dalton Transactions   45 ( 3 )   874 - 880   2015年11月

  • Synthesis and Protonation of N-Heterocyclic-Carbene-Supported Dinitrogen Complexes of Molybdenum(0)

    Yasuhiro Ohki, Keiya Aoyagi, and Hidetake Seino

    Organometallics   34 ( 13 )   3414 - 3420   2015年06月

  • Photooxidation and Photoluminescence of Triarylmethane Dye-Conjugated Zinc Complexes: Optical Anisotropy and Optical Activity Emerging from Distinct Crystal Packing Modes

    Saori Takeda, Hiroka Yamada, Shunpei Takezawa, Isao Yoshikawa, Hidetake Seino, Kazunari Matsumura, and Hirohiko Houjou

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   88 ( 5 )   698 - 705   2015年02月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Chapter 2: Group 4 Transition Metal-Dinitrogen Complexes

    Hidetake Seino, Yuji Kajita

    Wiley-VCH  2019年01月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 遷移金属−硫黄クラスターと窒素固定

    清野 秀岳

    硫酸と工業 ( 硫酸協会 )  71 ( 3 ) 35 - 47   2018年03月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Differentiation of the ruthenium sites in cubane-type Ru4S4 clusters

    H. Seino, N. Shindo, S. Kanai, M. Okazaki

    第43回錯体化学国際会議  (仙台) 

    2018年07月
    2018年08月
     

  • サイトが区別された四核ルテニウムキュバン型スルフィドクラスターの合成

    清野 秀岳,進藤 尚人,岡崎 雅明

    第64回有機金属化学討論会  (東北大学) 

    2017年09月
     
     
     

  • メタン生成経路の補酵素テトラヒドロメタノプテリンの機能を模したC1ユニット水素化

    清野 秀岳, 鈴木 颯, 髙橋 和輝, 畑澤 匡広

    第118回触媒討論会  (岩手大学) 

    2016年09月
     
     
     

  • Structures and Reactivity of the First-Row Transition Metal Complexes Containing a Linear Tetraphosphine Ligand

    Hidetake Seino, Hiroto Chiba, Ryoga Yasuda

    第63回有機金属化学討論会  (早稲田大学 西早稲田キャンパス) 

    2016年09月
     
     
     

  • 安価な素材で作製する結晶構造模型 −ガスハイドレート結晶の周期と対称を表現する−

    清野 秀岳

    平成28年度化学系学協会東北大会  (いわき明星大学) 

    2016年09月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ラジカル酵素の機能を模した人工反応場による不活性結合の変換

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2016年10月
    2019年03月
     

    ラジカルSAM酵素は、S-アデノシルメチオニン(SAM)の1電子還元で発生させたアデノシルラジカルを利用し、基質分子にある不活性なC–H結合を切断してアルキルラジカル活性中間体へと変換する。本研究ではこの酵素反応を手本とし、その構成要素に関連する合成化合物を用いて、炭素ラジカルの自在な発生と制御の方法を開発する。炭素—硫黄結合切断による炭素ラジカル生成の最適条件を解明し、発生するラジカルの種類とその反応性を系統的にまとめて、不活性C–H結合の切断に有効なものを見いだす。本研究は酵素反応の機構解明ばかりでなく、不活性な飽和炭化水素基を直接的に変換する実用触媒の開発につながるものである。

  • カチオン性有機分子のヒドリド受容能を利用する水素分子の反応開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2013年04月
    2016年03月
     

    カチオン性含窒素複素環化合物は良好なヒドリド受容体であり、種々の還元反応における電子キャリアとして利用が期待される。本研究では、水素分子を不均一活性化してそれらの分子にヒドリドを付加する方法を開発し、有機化合物の還元や水素貯蔵、機能性高分子の創製などに発展させる。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「元素戦略」を指向した未来型触媒の開発

    提供機関:   北東北国立3大学連携推進研究プロジェクト

    研究期間:

    2015年09月
    2016年03月
     

  • 遷移金属−硫黄クラスターによる特異な有機変換反応の開発

    提供機関:   公益財団法人日本化学研究会 化学研究連絡助成金

    研究期間:

    2014年03月
    2015年02月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度  化学Ⅱ(有機化学)

    2015年10月
    継続中

     専任

  • 2015年度  化学Ⅲ(物理化学)

    2015年10月
    継続中

     専任

  • 2013年度  基礎化学実験Ⅱ

    2013年04月
    継続中

     兼担

  • 2013年度  基礎化学

    2013年04月
    継続中

     兼担

  • 2016年度  環境化学

    2016年10月
    継続中

     専任

全件表示 >>