基本情報 【 表示 / 非表示

山田 学 (ヤマダ マナブ)

YAMADA Manabu

写真a

所属

大学院理工学研究科  附属革新材料研究センター

職名

講師

研究室住所

秋田市手形学園町1-1

1-1 Tegatagakuen-machi, Akita City

研究分野・キーワード

超分子化学

Supramolecular Chemistry

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-889-3068 / +81-18-889-3068

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田工業高等専門学校   専攻科   環境システム工学専攻   2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  工学資源学研究科  博士課程  2010年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   附属革新材料研究センター   講師  

    2018.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Research Center of Advanced Materials for Breakthrough Technology   Lecturer

  • 2017年04月
    2018年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   附属理工学研究センター   講師  

    2017.04
    -
    2018.03

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Research Center for Engineering Science   Lecturer

  • 2012年11月
    2017年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   附属理工学研究センター   助教  

    2012.11
    -
    2017.03

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Research Center for Engineering Science   Assistant Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2019年02月
    継続中
     

    日本溶媒抽出学会  日本国

  • 2006年11月
    継続中
     

    有機合成化学協会  日本国

  • 2006年05月
    継続中
     

    日本素材物性学会  日本国

  • 2005年12月
    継続中
     

    日本化学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境材料・リサイクル (Environmental conscious materials and recycle)

  • グリーン・環境化学 (Green/Environmental chemistry)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Supramolecular Assembly Formations and Its Functionality Based on Thiacalix[n]arene Complexes with Metal Cations

     (英語)

    Manabu Yamada

      1 - 108   2010年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Recovery of Pd(II) and Pt(IV) from leach liquors of automotive catalysts by calixarene-based di-n-alkylamino extractants using saturated hydrocarbon diluents

    Yamada, M.; Kaneta, Y.; Rajiv Gandhi, M.; Kunda, U. M. R.; Shibayama, A.

    Hydrometallurgy   184   103 - 108   2019年03月

  • Rapid and selective recovery of palladium from platinum group metals and base metals using a thioamide-modified calix[4]arene extractant in environmentally friendly hydrocarbon fluids

    Yamada, M.; Rajiv Gandhi, M.; Shibayama, A.

    Scientific Reports   8   16909   2018年11月

  • Selective Recovery of Palladium from PGM Containing Hydrochloric Acid Solution Using Thiocarbamoyl-substituted Adsorbents

    Haga, K.; Sato, S.; Rajiv Gandhi, M.; Yamada, M.; Shibayama, A.

    International Journal of the Society of Materials Engineering for Resources   23   173 - 177   2018年10月

  • Calix[4]arene-Based Amino Extractants Containing n-Alkyl Moieties for Separation of Pd(II) and Pt(IV) Metals from Leach Liquors of Automotive Catalysts

    Yamada, M.; Kaneta, U.; Rajiv Gandhi, M.; Kunda, U. M. R.; Shibayama, A.

    Metals   8   517   2018年07月

  • Crystal structure of a lithium complex of p-tert-butylcalix[4]arene

    Yamada, M.; Rajiv Gandhi, M.; Akimoto, K.; Hamada, F.

    Acta Crystallographica Section E   E74   575 - 579   2018年05月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 白金族リサイクルのための抽出剤の開発

    柴山 敦,山田 学

    金属 ( アクネ技術センター )  87 ( 8 ) 698 - 703   2017年09月

  • Graphene and Graphene-Based Composites: A Rising Star in Water Purification ‒ A Comprehensive Overview

    Rajiv Gandhi, M.; Vasudevan, S.; Shibayama, A.; Yamada, M.

    ChemistrySelect ( Wiley )  1 ( 15 ) 4358 - 4385   2016年09月

  • Thiacalixarenes: Emergent supramolecules in crystal engineering and molecular recognition

    Yamada, M.; Rajiv Gandhi, M.; Uma Maheswara Rao, K.; Hamada, F.

    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry ( Springer )  85 ( 1-2 ) 1 - 18   2016年06月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Selective recognition of metal ions or vaporous organic compounds using acyclic and macrocyclic molecules

    Manabu Yamada

    International Workshop on Materials and Applications (IWMTA-2018)  (Vellore, India) 

    2018年10月
    2018年11月
     

  • Calix[4]arene-Based Amino Extractants for Pd(II) and Pt(IV) Separations from Leach Liquors of Automotive Catalysts

    Yamada, M.; Kaneta, Y.; Rajiv Gandhi, M.; Shibayama A.

    43th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018 Sendai Japan) 

    2018年07月
    2018年08月
     

  • PGM Extraction Properties of Calix[4]arene-Based n-Dialkylamino Extractants from Leach liquors of Automotive Catalysts

    Yamada, M.; Kaneta, Y.; Rajiv Gandhi, M.; Kondo, Y.; Akiba, U.; Fujiwara, K.; Shibayama A.; Hamada, F.

    The 21st International Solvent Extraction Conference (ISEC 2017)  (Miyazaki) 

    2017年11月
     
     
     

  • Selective Recovery of Palladium from PGM Containing Hydrochloric Acid Solution Using Thiocarbamoyl-Substituted Adsorbents

    Haga, K.; Sato, S.; Rajiv Gandhi, M.; Yamada, M.; Shibayama, A.

    The Eighth International Conference on Materials Engineering and Resources (ICMR 2017 AKITA)  (Akita) 

    2017年10月
     
     
     

  • Synthesis of SCS type Pincer Extractants for Selective Extraction of Pd(II) from Platinum Group Metals: An Improved Approach to Current Refining Process

    Rajiv Gandhi, M.; Yamada, M.; Haga, K.; Shibayama, A.

    The Eighth International Conference on Materials Engineering and Resources (ICMR 2017 AKITA)  (Akita) 

    2017年10月
     
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • パラジウム・白金抽出剤、パラジウム・白金の分離方法

    特願 2017-148632 

  • パラジウム抽出剤、パラジウム抽出方法、パラジウム回収方法、パラジウム抽出剤の再生方法、および、パラジウムの反復回収方法

    特願 2017-111863 

  • パラジウム抽出剤、及び、パラジウムの抽出分離方法

    特願 2015-027639 

  • 白金の抽出分離方法

    特願 2013-069744 

  • 環状フェノール硫化物の製造方法

    特願 2013-053442 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回インテリジェント・コスモス奨励賞

    2018年05月14日   公益財団法人 インテリジェント・コスモス学術振興財団  日本国

    受賞者: 山田 学

  • Best Paper Award of The Seventh International Conference on Materials Engineering for Resources

    2013年11月   日本素材物性学会  日本国

    受賞者: Manabu Yamada

  • 日本素材物性学会 優秀論文発表賞

    2011年05月   日本素材物性学会  日本国

    受賞者: 山田学

  • 日本素材物性学会 若手論文賞

    2008年05月   日本素材物性学会  日本国

    受賞者: 山田学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ピンサー機能を附与したジフェノールを鍵とする高選択的パラジウム抽出剤の革新的開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    2022年03月
     

  • 含硫黄ジフェノールを鍵とする新奇白金族抽出剤の創製と自動車触媒からの白金族回収

    若手研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    2018年03月
     

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 白金族リサイクルに向けた高選択性を有するパラジウム抽出剤担持型吸着樹脂の開発

    提供機関:   平成30年度インテリジェント・コスモス奨励賞研究助成金

    研究期間:

    2018年04月
    2019年03月
     

  • 環状化合物を鍵とするアミノ基含有白金族抽出剤の創製と自動車触媒からの白金族回収

    提供機関:   一般社団法人 向科学技術振興財団 研究助成

    研究期間:

    2018年04月
    2019年03月
     

  • シクロアルカンを選択的に認識するチャネル構造を有するチアカリックスアレーン有機結晶の創製

    提供機関:   公益財団法人 マツダ財団 第33回(2017年度)マツダ研究助成-科学技術振興関係- 

    研究期間:

    2017年10月
    継続中
     

  • 大環状化合物を基本骨格とする新規白金族抽出剤の創製

    提供機関:   公益財団法人 高橋産業経済研究財団 平成28年度研究助成

    研究期間:

    2016年04月
    2017年03月
     

  • 白金族金属含有廃棄物を対象とした新規白金族金属抽出剤の開発と抽出挙動の検討

    提供機関:   公益財団法人 日本化学研究会 平成26年度化学研究連絡助成金

    研究期間:

    2014年08月
    2015年07月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度  分子認識化学

    2017年04月
    継続中

     兼任

  • 2015年度  応用化学実験I・II

    2015年04月
    継続中

     兼担

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞

    2018年10月   資源・素材学会東北支部若手の会  

    受賞者: 渡邉菜央

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    継続中

      情報システム管理委員会

  • 2017年04月
    2019年03月

      研究報告委員会委員

  • 2017年04月
    2019年03月

      秋田大学産学連携推進員

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    継続中

    Scientific Reports   Editorial Board Member

  • 2017年10月
     
     

    日本素材物性学会   ICMR2017運営実行委員

  • 2013年11月
     
     

    日本素材物性学会   ICMR2013運営実行委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度秋田大学市民講座 秋田と日本の未来を創る理工学部の研究紹介

    2018年11月