基本情報 【 表示 / 非表示

木下 幸則 (キノシタ ユキノリ)

KINOSHITA Yukinori

写真a

所属

大学院理工学研究科  システムデザイン工学専攻  創造生産工学コース

職名

講師

研究分野・キーワード

プローブ顕微鏡、磁気計測、表面イメージング

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都工芸繊維大学   工芸学部   機械システム工学科   2006年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科  精密科学・応用物理学  博士課程  2012年04月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    継続中

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   創造生産工学コース   講師  

    2019.04
    -
     

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Systems Design Engineering   Creative Engineering Course   Lecturer

  • 2018年04月
    2019年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   システムデザイン工学専攻   創造生産工学コース   助教  

    2018.04
    -
    2019.03

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Department of Systems Design Engineering   Creative Engineering Course   Assistant Professor

  • 2016年04月
    2018年03月

    秋田大学   大学院理工学研究科   附属理工学研究センター   助教  

    2016.04
    -
    2018.03

    Akita University   Graduate School of Engineering Science   Research Center for Engineering Science   Assistant Professor

  • 2015年04月
    2016年03月

    秋田大学   大学院工学資源学研究科   附属理工学研究センター   助教  

    2015.04
    -
    2016.03

    Akita University   Graduate School of Engineering and Resource Science   Research Center for Engineering Science   Assistant Professor

  • 2012年04月
    2015年03月

    秋田大学   ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー   特任助教  

    2012.04
    -
    2015.03

    Akita University   Venture Business Laboratory   Specially-appointed Assistant Professor

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2012年11月
    継続中
     

    日本磁気学会  日本国

  • 2012年02月
    継続中
     

    日本物理学会  日本国

  • 2007年06月
    継続中
     

    応用物理学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造物理 (Nanostructural physics)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 極低温原子間力顕微鏡を用いた酸化銅表面での原子操作と力学的分光に関する研究

     (日本語)

    木下幸則

    2011年03月   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic resonance force microscopy using ferromagnetic resonance of a magnetic tip excited by microwave transmission via a coaxial resonator

    Yukinori Kinoshita, Yan Jun Li, Satoru Yoshimura, Hitoshi Saito and Yasuhiro Sugawara

    Nanotechnology   28 ( 48 )   485709   2017年11月

  • Promoting Atoms into Delocalized Long-Living Magnetically Modified State Using Atomic Force Microscopy

    Y. Kinoshita, R. Turanský, J. Brndiar, Y. Naitoh, Y. J. Li, L. Kantorovich, Y. Sugawara and I. Štich

    Nano Letters   16 ( 12 )   7490 - 7494   2016年10月

  • Vertical atomic manipulation with dynamic AFM without tip change via a multi-step mechanism

    J. Bamidele, S. H. Lee, Y. Kinoshita,R. Turanský,Y. Naitoh, Y. J. Li, Y. Sugawara, I.ˇStich, and L. Kantorovich

    Nature Communications   5   4476 - 4482   2014年07月

  • Image formation and contrast inversion in noncontact atomic force microscopy imaging of oxidized Cu(110) surfaces

    J. Bamidele, Y. Kinoshita, R. Turanský, S. H. Lee, Y. Naitoh, Y. J. Li, Y. Sugawara, I. Štich, and L. Kantorovich

    Physical Review B   ( 90 )   035410 - 035417   2014年07月

  • Growth models of coexisting p(2×1) and c(6×2) phases on an oxygen-terminated Cu(110) surface studied by noncontact atomic force microscopy at 78K

    Yan Jun Li, Seung Hwan Lee, Yukinori Kinoshita, Zong Min Ma,Huanfei Wen, Hikaru Nomura, Yoshitaka Naitoh and Yasuhiro Sugawara

    Nanotechnology   27   205702   2016年04月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 磁気便覧

    日本磁気学会 編

    丸善出版  2016年01月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 2D magnetic stray field mapping with force modulation magnetic force microscopy using null method

    木下 幸則

    25th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM25)  (Atagawa, Shizuoka, Japan) 

    2017年12月
     
     
     

  • Quantitative Stray Magnetic Field Measurement by Using Force Modulation Magnetic Force Microscopy with Surperparamagnetic Tip

    Yukinori Kinoshita

    •第2回 国際シンポジウム“機能性材料・デバイス解析の最近の動向  (大阪大学) 

    2017年01月
     
     
     

  • Radio Frequency Magnetic Field Measuremment by Using Alternating Magnetic Force Microscopy

    Yukinori Kinoshita, Satoru Yoshimura and Hitoshi Saito

    第1回 国際シンポジウム“機能性材料・デバイス解析の最近の動向  (大阪大学) 

    2015年12月
     
     
     

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 磁気力顕微鏡および磁気力顕微鏡の制御用磁場調整方法

    特願 2014-129187 

  • 強磁場発生試料の磁場観察方法および装置

    特願 特願02014-146492 

  • 特願 磁気力顕微鏡探針の評価装置および評価方法

    特願 2014-107632 

  • 磁場値測定装置および磁場値測定方法

    特願 PCT/2014/JP059276 

  • 特願電気力/磁気力顕微鏡および電場/磁場同時測定方法

    特願 2014-016131 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 磁気共鳴フォース分光:ナノ磁性粒人工配置の構築と粒間磁気ポテンシャルの非侵襲計測

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    2021年03月
     

    本研究では、磁気力顕微鏡を用いた磁性探針の磁気共鳴変調を利用した非侵襲な磁気力分光(抽出)法を提案し、探針による力学的位置操作によるナノ磁性粒の人工配置の構築と、それらの構造特有の磁気相互作用のマッピングが可能な磁気イメージング手法を開発する。

  • 超常磁性探針の磁化伸縮を用いた磁場の定量値ベクトルマッピングとナノ磁化状態解析

    若手研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    継続中
     

    磁気力のみの抽出が可能な磁気力変調方式の磁気力顕微鏡に、磁化方向が磁場に完全に沿い、ヒステリシスの無い超常磁性探針を取り入れることで、試料の直流磁場の垂直・面内両方向の定量値計測が可能で、ナノメートルスケールの空間分解能を有する磁気力顕微鏡法を開発する。

  • 高周波ベクトル磁場検出・磁気力顕微鏡の開発と磁化ダイナミクスの解析

    若手研究(B)

    研究期間:

    2014年04月
    2017年03月
     

    磁性探針の磁化の低周波変調を利用した周波数変換法と、磁化が磁場に完全に比例する常磁性探針を用いて、高周波磁場のベクトル検出が可能なナノメートルスケールの空間分解能を有するベクトル検出・高周波磁気力顕微鏡を開発する。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 常磁性探針を用いた磁気記録ヘッドの高周波磁場検査システムの開発

    提供機関:   研究成果最適展開支援プログラム A-STEP

    研究期間:

    2013年08月
    2014年03月
     

  • パルス磁場を用いた磁気力顕微鏡探針の保磁力検査システム

    提供機関:   研究成果最適展開支援プログラムA-STEP

    研究期間:

    2013年04月
    2013年09月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度  システム電気回路

    2017年04月
    継続中

     専任

  • 2017年度  システム電子回路

    2017年04月
    継続中

     専任

  • 2018年度  基礎電子回路

    2018年04月
    継続中

     専任

  • 2018年度  基礎電気回路

    2018年04月
    継続中

     専任

  • 2018年度  プロジェクト実践研究Ⅱ

    2018年04月
    継続中

     兼担

全件表示 >>