基本情報 【 表示 / 非表示

市嶋 典子 (イチシマ ノリコ)

ICHISHIMA Noriko

写真a

所属

国際交流センター

職名

准教授

研究室住所

秋田市手形学園町1-1秋田大学国際交流センター

1-1,Tegagta-Gakuenmachi,Akita,010-8502,Japan

研究分野・キーワード

日本語教育学,実践研究

Japanese language education, Jissen-kenkyu

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

018-889-2916 / +81-18-889-2916

ホームページ

https://ichishima.thyme.jp/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  日本語教育研究科  日本語教育学  博士課程  2010年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 -  博士(日本語教育学)

職務経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    継続中

    秋田大学   国際交流センター   秋田大学国際交流センター   准教授  

    2014.04
    -
     

    Akita University   International Exchange Center   International Exchange Center   Associate Professor

職務経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2016年05月
    2017年03月

      ヴェネツィア「カ・フォスカリ」大学(イタリア)    アジア北アフリカ研究学科   研究員

    2016.05
    -
    2017.03

      Ca' Foscari University of Venice   Dept of Asian and North African Studies   Researcher

  • 2013年10月
    継続中

      筑波大学   北アフリカ研究センター   客員共同研究員

  • 2010年10月
    2011年03月

      早稲田大学   日本語教育研究センター   特別研究員

  • 2008年10月
    2010年09月

      早稲田大学   日本語教育研究センター   助手

  • 2006年09月
    2008年07月

      早稲田大学   日本語教育研究センター   契約講師

全件表示 >>

所属学会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    継続中
     

    言語文化教育研究学会  日本国

  • 2010年04月
    継続中
     

    日本教育心理学会  日本国

  • 2009年09月
    継続中
     

    社会言語科学会  日本国

  • 2005年09月
    継続中
     

    日本語教育学会  日本国

  • 2004年09月
    継続中
     

    早稲田大学日本語教育学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育 (Japanese language education)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育における実践研究の理論と日本語教師の実践研究観に関する考察

    研究期間:

    2009年10月
    2011年03月

  • 日本語教育における形成的アセスメントの理論構築と実践の開発

    研究期間:

    2009年07月
    2010年03月

  • 日本語センター及び日研におけるポートフォリオ実施のための理論と実践

    研究期間:

    2009年06月
    2010年06月

  • 日本語教育における相互自己評価の実態とシステムの構築

    研究期間:

    2009年06月
    2010年03月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 「対話的アセスメント」の意義と課題-日本語教育における「実践研究」からの問い

     (日本語)

    市嶋典子

    2011年02月   単著

    日本語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 内戦、国家、日本語-シリアの日本語学習者の語りから

    市嶋典子

    現代思想   45 ( 18 )   236 - 245   2017年09月

  • Practical studies in Japanese language education: A report about Action Research Zero Workshop in Venice (Italy)

    Marcella Mariotti、Noriko Ichishima

    Annali di Ca’ Foscari: Serie orientale,   53   369 - 378   2017年07月

  • シリアの日本語教師・学習者の市民性形成過程についての一考察

    市嶋典子

    秋田大学国際交流センター紀要   ( 5 )   1 - 20   2016年03月

  • 評価活動において教師と学習者はいかに合意形成のプロセスを生成するのか

    市嶋典子

    秋田大学国際交流センター紀要   ( 4 )   1 - 13   2015年03月

  • 農業従事者と留学生の接触場面に関する一考察ー農業体験活動における調整行動に注目して

    市嶋典子

    秋田大学国際交流センター紀要   ( 3 )   1 - 13   2014年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 市民性形成とことばの教育-母語・第二言語・外国語を超えて

    市嶋典子

    くろしお出版  2016年08月

  • 日本語教育のための質的研究入門ー学習・教師・教室をいかに描くか

    市嶋典子

    ココ出版  2015年10月

  • 日本語教育における評価と「実践研究」-対話的アセスメント:価値の衝突と共有のプロセス

    市嶋典子

    ココ出版  2014年02月

  • 協働で学ぶクリティカル・リーディング

    舘岡洋子、古屋憲章、市嶋典子

    ひつじ書房  2015年07月

  • 実践研究は何をめざすか-日本語教育における実践研究の意味と可能性

    細川英雄・三代純平(編)市嶋典子、牛窪隆太、村上まさみ、高橋聡

    ココ出版  2014年05月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 海外の日本語学習者の言語選択とアイデンティティ―

    市嶋典子

    2016年日本語教育シンポジウム  (ヴェネツィア:「カ・フォスカリ」大学) 

    2016年07月
     
     
     

  • 「シリアの日本語教師の言語意識とアイデンティティ構築過程」

    市嶋典子

    韓國日語敎育學會2015年度第28回國際學術大會  (德成女子大學校) 

    2015年12月
     
     
     

  • シリアにおける日本語学習者の言語意識と戦略

    市嶋典子

    第28回日本語教育連絡会議  (クロアチア:ザグレブ大学哲学部) 

    2015年08月
     
     
     

  • 紛争下における日本語教育の意義と課題

    市嶋典子

    言語文化教育研究学会第2回研究集会  (石川県政記念しいのき迎賓館) 

    2015年06月
     
     
     

  • 平和構築と日本語教育――シリア人日本語教師の語りをてがかりに

    市嶋典子

    第26回日本沙漠学会学術大会(25周年記念大会)公開シンポジウム  (秋田市:カレッジプラザ講堂) 

    2015年05月
     
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中東地域の日本語教師と学習者の言語意識の把握と相互理解を目指した実践モデルの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2015年04月
    2018年03月
     

  • 日本語教育における評価と「実践研究」:対話的アセスメント:価値の衝突と共有のプロセス

    研究成果公開促進費・学術図書

    研究期間:

    2013年03月
    2014年03月
     

  • 実践研究理論構築のための調査研究ー実践と教育制度どの関係をてがかりにー

    若手研究(B)

    研究期間:

    2012年04月
    2015年03月
     

  • 日本語教育における実践研究の理論と日本語教師の実践研究観に関する考察

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:

    2009年10月
    2010年03月
     

    本研究では、日本語教師へのインタビューによる意識調査と文献調査により、日本語教育において実践研究がどのように行われてきたのかという実態を把握し、問題点を明らかにすることを目的とした。その上で、実践研究の理論を現場の教師の問題意識から捉え直し、日本語教育学的実践研究の新しい理論的枠組みの一試案を示すことを目指した。
    平成21年度は、日本語教育実践研究に関する文献調査を行い、理論面における研究の基盤を強固にした。具体的には,学会誌『日本語教育』や,お茶の水女子大学,大阪大学,早稲田大学の紀要や国立国語研究所発行の『日本語教育論集』に,現在までに掲載されている全ての実践研究論文の内容分析を行った。また、英語教育、日本語教育の分野で取り上げられているアクション・リサーチにも注目し,日本語教育実践研究との関係を考察した。さらに,これらを網羅的に体系化し、データベース化した。その上で,教育観,研究方法論の不在という問題点,教師の成長という視座だけではなく,カリキュラムや制度改革,組織間の連携という視座の重要性を明らかにした。また,日本国内の大学、海外の大学,地域ボランティア教室、日本語学校に勤務する実践研究を行ったことのある日本語教師15名に、日本語教育実践研究に関する半構造化インタビューを縦断的に行い,インタビュー・データを蓄積した。理論的サンプリングにより随時、インタビューを追加し、仮説生成を繰り返しながら分析結果を精緻化していった。このような調査を重ねることにより,アンケート調査や量的研究では捨象されてしまう教師の実践研究に関する認識が生成されたプロセスを描き出すことができた。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育における形成的アセスメントの理論構築と実践の開発

    提供機関:   早稲田大学特定課題研究助成費(特定課題B)

    研究期間:

    2009年07月
    2010年03月
     

  • 日本語センター及び日研におけるポートフォリオ実施のための理論と実践

    提供機関:   早稲田大学日本語研究センター一般研究(2009年度重点研究)

    研究期間:

    2009年06月
    2010年06月
     

  • 日本語教育における相互自己評価の実態とシステムの構築

    提供機関:   早稲田大学特定課題研究助成費(特定課題新任)

    研究期間:

    2009年06月
    2010年03月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度  日本語教育学入門1

    2015年04月
    2015年08月

     専任

  • 2015年度  留学生のための課題研究

    2015年04月
    2015年08月

     専任

  • 2011年度  日本語3総合A

    2015年04月
    2015年08月

     専任

  • 2011年度  日本語4-Ⅴ

    2011年04月
    2015年08月

     専任

  • 2015年度  日本語3A

    2011年04月
    2011年08月

     専任

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    2016年02月

    学生からの評価の高い授業

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月
    継続中

    言語文化教育研究学会   学会誌編集委員会委員

  • 2015年04月
    2017年03月

    日本語教育学会   東北地区委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 異文化理解講座

    2015年01月
     
     

  • シリア講座―国際協力の視点から

    2012年10月
     
     

  • シリアにおける言語教育と国際協力の課題

    2011年07月
     
     

  • なぜ言葉を教えるのかーあるシリア人日本語教師の語りから

    2011年07月
     
     

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示